風邪を引いた時には  2006.11.9

先週後半から風邪を引いてしまいました。水曜日の午後からおかしかったので夜は鍋焼きうどんにして寝たのですが、翌日はもっとつらい状態に。幸い木曜日は休診日だったのでお出かけもせずひたすら食べまくりました。それでもよく金曜日はさらにつらい状態に。今までよりも回復が遅い自分に加齢を実感。規則正しい生活もしているのに、、、。患者さんとマスク越しに話をしても口数少なく(当院ではこんな機会しか院長が寡黙になることはありません)、ティッシュの山々。そして介助の看護婦さんから”先生にんにく食べましたね、ちょっと臭いますよ。’そうです。私の風邪治療としてはとにかくスタミナをつけることにあります。風邪の時は、カレー、焼肉、鍋料理を繰り返し(しかも朝からです。家族が文句言わないところが私への愛情?)さらに私はにんにく、しょうが、ビタミンC、ビタミンBを追加摂取。特に個人的ににんにくは大好きなので(家族は嫌い)ここぞとばかりに青森産にんにく(国産に限ります)をレンジでチンして食べたのです(レンジ加熱で臭いはしなくなるといわれていますが大量摂取はいけませんね)。金曜日、土曜日の患者さんにおっていたら申し訳ありませんでした。(夫もにおいを感じていたが言わなかったのは私への愛情?)去年の日記をみたら同じ時期に引いていました。でも、一つ歳をとった分、今年はえらかったと感じてしまいました。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

焼き芋を作りました 2006.10.27

いつものように農業体験で子供が大きなおイモを掘ってきたので、まずは早速夫が炭火を起こしホイルに包んだおイモを焼いてみました。一番大きいイモはなんと30センチ×10センチ、重さ1キロ!(絵本’おおきなおおきなおいも’を引っ張り出してきました。私も子供も好きだった一冊です。)中まで火が通るかな、と半信半疑でしたが、数時間後にはほっこりしたあつあつの焼き芋が出来上がりました。蒸し器やオーブンよりもこっくり甘く、はふはふと秋の味覚を堪能しました。私は中の柔らかく甘い部分も好きですが、外側の焦げかけた皮の部分も結構好きなのです。家族の分まで、皮まで堪能(でもしばらくは結構)したさつまいもでした。

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など

臨床眼科学会   2006.10.11       

毎年、秋は学会のシーズンです。特に眼科の中では最大級の臨床眼科学会が開催されます。最新の研究発表からインストラクションコースまで内容は盛りだくさんあるので、その中から関心の強いものを選択して聴講することになります。昨年は札幌だったので遠方過ぎ開業医としては断念。今年は京都だったので幸いでした。朝早く出れば日帰りだって充分。連日は難しいのですが、最新の知識と多くの眼科医を目の当たりにして、早速明日からの日常診療への意欲も高まりました。勤務医の頃は学会と観光はセットになっていましたが(学会の本意を間違えていたのは若かりし私だけかも?)開業医になっての学会は集中して知識を得る貴重な機会であるということを遅まきながら実感。時間の余裕が少ないため観光とは縁遠いこの頃です。

カテゴリー:クリニックに関すること

ペットの世話と母性本能        2005.12.22

我が家のペットは現在ハムスター2匹、ミドリガメ一匹、クワガタ、カブトムシ多数(虫葉は今土の中なので関与せず)、熱帯魚(これは夫の趣味であり、お世話も自動装置なるものと、熱帯魚屋のおじさんの時々メンテナンスでわが身に降りかかることなし)です。子供たちは、触って遊ぶのは大好きですが、掃除やえさやりなどお世話一般をするのは私になってしまっています。朝起きると、ハムスターと亀を除きに行くのが私の日課の始まりです。人の気配でハムスターが金網を登ってくると、早速キャベツをやります。ベランダの亀もえさをやると大きな口でバク!そしてお掃除。子供たちの掃除するからという言葉を待っていたら動物たちがかわいそう(実際以前はそうでした)。新聞紙やえさいれ、水槽が汚れていたら早く換えてやらないとこちらが落ち着きません。私ってこんなにきれい好き?こんなにハムスター好き?亀好き?違う違う、でもなんか昔もこんな感覚あったような。そうです。子供のおしめ替えだわ。汚いと気持ち悪いだろうなーという感覚は母性本能から来てるんだ、と妙に納得した私でした。だから、動物のお世話もお母さんの担当になることが多いのかもしれません。子供も気分でお世話は出来ないですものね。

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事

歯っかり食べよう!朝ご飯 朝食レシピコンテストに入賞しました。          2005.11.1

料理はこう見えても大好きなのです。よい歯健康デー(愛知県保険医協会歯科部会主催)に入賞しました(実技あり)のでその作品をご紹介します。よろしければ作ってみてくださいね。

     今日は豚々(トントン)拍子!でうまくいく》
特徴
・朝ごはんから肉!?というイメージをとり、どの年代でも食べやすいように野菜を
加えたり、あっさりとさせてあります。
・できるだけ素材の味を楽しんで、よくかんで食べられるよう、また簡単にできる
ように生野菜をピーラーを用いて調理しました。
・今日は気合を入れるぞ!!というときの手軽で安値なメニューです。

材料(2人分)米飯(胚芽米、五穀米など好みで)
「みそ汁」ネギ1/2本、えのき1/4株、とうふ1/4丁、わかめ 適量
「豚々焼き」キャベツ100g、ニラ1/2束、豚小間切れ(薄切りでも可)50g、
卵1個、桜エビ(おきあみでも可)大さじ1杯、マヨネーズ、お好み焼きソース
かつお節各適量、ごま油少々
「豚々サラダ」キャベツ50g、にんじん20g、タマネギ10g、キュウリ1/4本
コーン大さじ1杯、豚薄切り50g ミニトマト4個、すりごま 小さじ1杯
ポン酢 小さじ2杯、黒ごま少々
「作り方」
①ご飯を炊いておく
②だし汁の材料を切って入れ、みそを入れ、みそ汁を作る。
「豚々焼き」
①キャベツ、ニラ、豚肉は細かく切る。
②フライパンにごま油を熱し、キャベツ、ニラ、豚肉を炒める。
③卵と桜エビを溶いてフライパンに流し、押しつけるようにして火を通す。
④皿に盛りつけ、好みでマヨネーズ、ソース、かつお節をトッピングする。
「豚々サラダ」
①キャベツ、にんじん、タマネギ、キュウリはピーラーで細かく切っておく。
②豚肉は熱湯でゆで、氷水でとる。コーンは冷凍の場合いったん火に通しておく。
③すりごま(ひいた方が香りがよい)、ポン酢を混ぜてドレッシングを作る。
④サラダの材料をドレッシングと混ぜ、ともに盛り、黒ごまとトマトをかける。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

車が来ました        2005.10.5

4年前ある理由でマイカーを手放した私。車がないとちょっとどこかに行ってみようかという気にはならず、行くぞーと時間と距離を想定して、自転車(ままチャリ)で出かけておりました。このあたりは坂道が多く結構きついのですが、この4年間で途中下車せず登れるように。このままマイカーなしでも(雨の日は不便ですが)と思うときもあったのですが、往診も頼まれるようになったので車の購入を決意しました。某Tのディーラーに自転車で行ったところ、若いセールマンに冷たくあしらわれてしまった私。(人を見た目で判断してはいけません) 翌日違うディーラーで購入することにし、来ました!ポルテ!小型の割にはかなりのお勧めの車です。独身時はN産のマニュアル車、結婚後はV車(オートマ)と運転好きだった私は過去形です。(車種にとらわれなくなりました)久しぶりの運転に左手をつい下げてしまいながら(サイドブレーキの位置です)、チョコチョコ乗りをしています。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

スタッフの制服が変わりました      2005.9.3

開業以来、スタッフはピンクのワンピースにしていましたが、小さい患者さんが多いので動きが大きいこと、しかも3歳の男の子にスカートめくりをされてしまった現場を目撃し(当事者のKさんは’やだー、看護婦さん恥ずかしいわー’と返してくれました)、パンツスーツを取り入れることにしました。ストレートやブーツカットなどのデザインは個々の好みです。さらにきびきびした対応をしますのでご期待を。

カテゴリー:クリニックに関すること

白衣のこだわりとデザイン       2005.8.1

仕事上白衣はつきものです。勤務医のときは病院からの支給のものを何も考えず着ていたので、開業時もそれらと同類のもの(一番安いもの)を注文していました。が、ある時、’もう少しいいのにしてもいいのでは?’との声に勧められたのは某大学病院の女医さんたちが着ているシリーズ。値段はいつもの3倍!(といっても普通も洋服よりは安い)に迷いつつ、毎日仕事に使うのだからと納得させ注文。着てみると、・・・あー、なんという着心地の良さ、シルエットの美しさ、生地の良さ。以後私のお気に入りはYHの白衣です。
ただし、欠点があります。これは白衣全般に言えることですが、おそらく、デザイナーは、実際に来ていないので、実用性にかけるところがあることです。一番は胸ポケットで、ここに、ペンや人によっては手帳を入れるのですが、かがむと飛び出すこと多し。ペン入れにもかかわらず底は浅めです。したがって、不用意にかがんでしまうと、中身が出てしまうのです。研修医の頃など、虎の巻から予約の手帳までなんでもパンパンに入っていた(ポケットがやたら膨らんでいるは研修医です)ので、トイレでは飛び出さないように一苦労でした。(今は机の上は私のものだけなのでいろいろ持ち歩く必要なし。)誰か、実用性を兼ねたおしゃれな白衣をデザインしてくれないかしら?

カテゴリー:クリニックに関すること

採れたて野菜      2005.7.31

一ヶ月に一回農業体験に行っています。毎月、種を巻く、苗を植える、など2時間ほど汗を流してくるのですが、今回は春に植えたジャガイモ、ピーマン、なすの収穫とサツマイモ、とうもろこしのネットかけでした。ジャガイモは根っこに出来るので茎を引っ張るともそもそと細いたくさんの根っこの周りにいもがごろごろ見えてきます。小さなおいもが多くて、大きなおいもが出てくると大当たり!といった気持ち。普段大きいジャガイモって当たり前と思っていましたが、通常サイズを作るのもなかなか難しいことなのですね。最初はイモがごろごろ出てくるのでうれしくて掘っていましたが、だんだん疲れてきた私たち。農業の道は険しい。収穫したジャガイモとピーマン、ナスは早速我が家の夕食に上りました。ピーマンは息子がサラダにしてくれましたが、生でも甘みがあって美味しい!採りたての贅沢さを味わったのでした。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

メガネ         2005.6.29

十代からメガネを使用しているのですが、人前では専らコンタクトレンズでした。そうなると夜の会合などある時はレンズの装用時間が長くなり、乾いてきたり疲れたり。ある日スタッフのNさんが赤いフレームのメガネをはめてきました。とてもよく似合ってかわいい。私のメガネは金縁。そうだ赤にしよう!と早速メガネを新調しました。年齢の若干の違いがあるので抑え目の赤にして、近視が強いので非球面レンズにしたら、洒落ていてしかも周辺のゆがみがなくとても軽いレンズに仕上がりました。結構似合う(と自己満足)とほぼ一日おきにかけています。そうすると目も疲れにくいし、ファッションの冒険も出来るし、近視の子供さんにも説得できるしと、今のところ大当たりです。メガネもお洒落に使いこなしたいですね。

カテゴリー:公センセの日常の出来事
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る