2016.11.8 いつまでやる?

医師会の班会がありました。
診診(診療所と診療所)連携を図る意味で、毎年企画されます。

今回、会場までは4キロ。
日課の夜のウオーキング代わりに、歩くことに。
さすがに着替えは持っていけず、ワンピースにスニーカー。
リュックにハンドバッグとパンプス。
てくてく、てくてく。
歩く速度が速すぎたのか、一番乗り。
あの格好を、見られなくてよかった。

定刻通り開会。
医師会長の挨拶と乾杯があり、その後は、一気に和やかなモードへ。
参加者の年齢は、46~77歳まで。
こういう場合、率先して話す人がいて、聞き役の人がいて…
参加女性は3人。
私を含め誰もが、仕事では、むしろ男性よりも話すのでしょうが、こういう状況では、専ら聞き役、相槌役になります。
女医会の時は、会話の内容も話し手も、あっちこっちに飛ぶのですが(全員がおしゃべりする)。

個々の自己紹介は、クリニックの近況報告から趣味まで多彩。
自分は、最近況として、歩いてきたことも報告。

さて、定年がない開業医たち。
『いつまで続けるか?』の話題に。
70オーバーの面々が参加されているということは、70歳なんて目じゃない!てこと。
『いつまでやるかな~?』
『どうしましょうね~?』
最高齢の先生の基準とは…
1.天変地異が起こったら辞める
2.病気をしたら辞める
3.患者さんに必要とされなくなったら辞める
『診療時間を減らしたりしても、患者さんが来院される限り、やりますよ』

医師になって4分の1世紀。
しかし、医師会の先生から見たら、まだまだ若造。
『患者さんから求められる』ことこそ、豊かな老後なのかも。

『顔の見える関係』を構築して、地域医療ますます頑張ります!

カテゴリー:公センセの想い 公センセの日常の出来事

2016.10.25 素敵なおひとり様

知人のNさん来訪。
今年79歳。
北海道から、金沢、岐阜の私の実家、名古屋の我が家への日程。
母が仕事で知り合って40年来の付き合いのNさんは、私とも40年来の知り合い。

当時は、東京の洗練されたキャリアウーマン。
仕事もバリバリして、趣味のために外国まで行って…
東京から送られてくるクリスマスのチョコレートは、都会への憧れを強くさせました。

独身の頃には、遊びに行って泊めてもらい、親には出来ない話をし…
とうとう我が息子たちまで、単独で、遊びに行くようになり…と親子3代にわたる付き合い。
退職してからは、故郷の北海道で、自然生活。
時々2時間かけて札幌の街へ。

名古屋観光に、どこへ行こうか?名古屋城?熱田神宮?と考えていたら、『動物園』のリクエスト。
『オラウータンが見たい。あと、いればコンドルも』
名古屋が誇る東山動物園へ。
オラウータンもコンドルもバッチリ。
話題のゴリラのシャバーニやコアラにも感激。
日曜日なので家族連れとカップルばかりの中、杖を片手に、すたすた次へ次へ。

夕食は、ビールを片手に大盛り上がり。
PCや携帯を持たないにも関わらず、息子たちの若い世代の話題にもついていけるNさん。
『規則正しい生活リズム。社会との関わり。色んな決定も自分だけど、責任も自分』
が、おひとり様のコツのよう。

ちゃきちゃきして、好奇心旺盛で、素敵なNさんとの、有意義な再会でした。

結婚していても、いずれは誰も『おひとり様』になります。
『過大な依存は、やめよう…』と言ったら
『だったら、スマホくらい、自分で使いこなせよ。俺ら息子に頼らずに』
スマホが新しくなって、操作に苦慮している最中。
『そんなこと言わずにやってよ~』
あれあれ!?

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事

2016.10.11 目を引いた目

ウィンドウディスプレイが素敵で、ふらっと立ち寄った雑貨屋さん。
かわいいハンカチや洒落たアクセサリー、シックな器など、女子なら憧れてしまう品々をあれこれ品定め。
どんどん奥へ進むと、ガラスのショーケースが。
ブローチやネックレスなどアクセサリーの並ぶ中、
『なんで、こんなところに!』と、目を引いたのは、目、目、目。
正確に言えば『義眼』です。

『義眼』とは、ケガや病気などで、眼球摘出(眼球をそのままの形で取る)や内容除去(眼球の中身だけ取る)を行った眼に対して使用される『人工の眼』のことです。

患者さんの片眼の形状・整容に合うように、カスタムメイドで作成されます。
そのため、パッと見ただけでは、義眼なのかわからないことがほとんどです。
通常は自分で、はめ外しをし、洗浄などのケアをしながら使います。
高齢などで、自分で管理できなくなった場合は、眼科医など医療者が洗浄したり装脱着を手伝います。

もう一つの『義眼』は、アイバンク登録者が角膜提供をした後に使用されます。
エンゼルケア(死後処理)の一環として用いられます。

駆け出しの頃、眼球摘出は、研修医の担当でした。
アイバンク登録者様が亡くなった連絡を受けると、研修医は一人で故人宅に伺います。
自分の番が来ると、ドキドキしながら直行したものです。
人気のない部屋で眼球摘出を行い、もう片眼を見て、整容的に合う義眼を義眼セットから選び装用します。
眼球は保存瓶に入れ、大学病院に持ち帰る頃には、角膜移植を受ける患者さんが入院の準備をしています。

『すみません、あの~これって義眼ですよね~』
『そうですよ。
長野の骨董屋さんから入ってきたものです。
ガラス製でドイツのものです。
珍しいですよ。
もちろん未使用のものです』

義眼の歴史は古いようですが、特に19世紀ドイツで研究がすすめられたようです。
その後、アメリカや日本でも研究が進められたそうですが、ガラス製が中心でした。

現在は、日本の医療用義眼はアクリル樹脂で、生体に馴染みがよく、体に害を及ぼすことはありません。

『買われる方、あるんですか?』
『結構お好きな方いらっしゃいますよ。並べて飾ってみたり。』
『!?!』
『こうやって並んでいると綺麗ですよね~』
『!?!』
『ちなみに1つおいくらなんですか?』
『25000円です』
『!!!』

何にでも価値は付くのに驚き。

それにしても…
6個が3列。
目を引く18個の目が、こちらを見ています。

見ているのは私
見られているのも私…

カテゴリー:公センセの日常の出来事 眼に関すること

2016.10.4 まさかの

『老後まで、長く続けられたらいいな』と始めたゴルフ。
小さい頃から、運動音痴。
特に『球』と名がつくスポーツには、ひどい苦手意識があるにもかかわらず。

それでも、誉め上手のコーチと、家族の話題に参加できるようになったおかげで、何とかギブアップせずに継続。

そんな亀以下の上達具合なのですが、昨年から、緑区医師会のゴルフ同好会に入ることに。
私だけオフィシャルハンディキャップがないので、与えられた同好会ハンディキャップ(HDCP)は36。
他のメンバーは、もちろんオフィシャルHDCPを持ち、それを元に同好会独自のHDCPもあるようです。
シングルから10代前半。
自分のスコアはHCを差し引いても、足元に及ばず…といった具合。

しかし『参加することに意義がある』と、割り切った姿勢で参加することに。
また、コンペに合わせて、ウエアを新調するという女子の楽しみも。
誰もそのことに触れてくださいませんが(自己満足のみ)。

さて今回のコンぺは、伊勢志摩のゴルフ場で。
同好会始まって以来の、最少人数での開催とのこと。

第1ホールは、いつも見られている意識(自意識過剰?)が強すぎ、ただでさえ成功率の低いドライバーが、やはり…という方向に飛んでいきます。
気を取り直し、自分のゴルフを楽しもう!のモットーで、素早く走る。

キャディーさんに『初心者ですのでよろしく』と頭を垂れ、アドバイスを求め…
緊張緩和剤として投入された同じパーティの家人に和まされ…
茶店の、高カフェインエナジードリンクで精をつけ…

ハーフ終了してスコアを計算。
自分なりには、意外といい。

後半は本日初パー(取れることの方が少ない)。
自分にしては『やったね!』

さて、こじんまりとした結果発表会。
トータルスコア(GROSS)からHDCPをひいたスコア(NET)で決まります。

『優勝は長谷川公先生』
まさかの優勝!
HDCPの少ないメンバーを差し置き、ラッキーな結果となりました。
少ない参加者が幸いした?
経験も実力も確かなメンバーから拍手。
感謝と同時に、恐縮すること然り。

またここでラウンドできるように、『練習頑張ろう!』
当然ながら、ゴルフ好き度がアップしたコンペでした。

『豊かな老後』計画は続く…

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2016.9.6 引いてしまった

旅行から帰ってきた息子がくれたのは、某ホテルの期間限定『月餅』
旅行疲れなのか、だるそうな息子。
翌日にはダウン。
「夏休みだから、時間はたくさんあるから寝てたら…」
ごろんとしている息子を横目に、有り難く月餅をいただいていたら、自分ももらってしまいました…『風邪』

1年に数回風邪を引くかどうかの、『健康体』の院長。
医師の体力は、スポーツが出来るなどの『運動能力』ではなく、『病気しない丈夫な身体能力』であると、医師になってから身をもって気づきました。

まさかの風邪。

しかし、引き始めても、自分の『とっておき』の回復法があります。
いつもは、この方法で、1~2日で回復。

『食べて寝る』
古典的な方法です。
幸い、体調を崩しても、食欲は減退しない有り難い体質です。

『鍋』→『焼肉』→『カレー』のヘビーローテーション。
バリエーションはありますが、これらが、朝・昼・晩と続きます。
効くと信じている『ニンニク(出来るだけ無臭を選ぶ)』『生姜』『唐辛子&豆板醤』を、料理に加えて摂取。
目安は、自分量では、1日ニンニク1個(1かけらではない)、生姜1回1かけ×3、唐辛子は適宜。
加えて常備のはちみつレモン(レモンのはちみつ漬け)。
風邪の時は、お湯割りが効きます。

周囲にいる家族やスタッフは、ちょっと…という臭いを感じているかもしれませんが、気にならないふりをしてくれています。

それでも…今回は2日で回復せず。

喉の痛みと、鼻閉・鼻汁。

スタッフに言わせると、顔が『どよ~ん』としてきたそう。
つらい…日々。

久々の体調不良も丸5日経って、やっと回復の兆しが。

お土産の月餅は、今までに食べたことがないほど、美味しかった!
欲しくもない風邪もまた、今まで罹かったことがないほど、ひどかった!

大陸、恐るべし…

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2016.8.23 コンビニ詣で

残暑も厳しいある日、いつものようにウオーキング。
毎日通りすぎるコンビニの『チョコレートフラッペ・ミルクティーフラッペ』ののぼりを横目に、『そういえば、今年かき氷食べてない』

ふだん、持ち金なしのウオーキング。
『明日、財布持ってこよっと』

翌日、ウオーキングの帰路、目的のコンビニには、昨日までののぼりがなく、替わりに『炙り弁当』
えっ!?でも、この暑さだし、扱ってるよね~

『チョコレートフラッペください』
俳優えなりかずき似のお兄さんは
『少々お待ちください。確認してきます』…
『すみません、在庫切れてるんで、発注しときます』

コンビニなので、品ぞろえは早いと踏んで、翌日少し早めに同じコンビニへ。
またもや、えなりお兄さん。
『チョコレートフラッペください』
『発注かけてるんですけどね~』
『じゃあ、ミルクティーフラッペを』
『少々お待ちください』…
『ミルクティーも品切れです』

この日は、財布を握りしめてのかき氷モード全開。
ドーナツ屋さんでもかき氷があることを思い出し、とにかく氷を口にしなければ、とお店へ。
注文したのは、かき氷というイメージからほど遠い『コットンスノーキャンディ』
洋風かき氷といったところです。
ふわふわ、しゃりしゃり、しゅわしゅわと、はかなげな一品。
冷房がガンガン効いた中で、最後は寒くなってしまいました。
やはり、暑い中で食べないと。
とりあえず、その日のかき氷は満足したものの、『チョコレートフラッペ』への思いは募るばかり。

さらに翌日。
今回は、えなりお兄さんにうんざりされても…と思い、時間帯を変更して午後に来店。
『チョコレートフラッペください』
眼鏡オバサンが即答。
『期間限定で、もう発注もできないんです。でも、もしかしたら、まだ在庫ありのお店があるかもしれませんけどね~』
え~!あの『発注かけてます…』は何だったの~?!

でも、あきらめてはいけません。
一昨日往診で通った市外のコンビニは、まだ『フラッペ』ののぼりだったような…
歩いて汗をかいた方が美味しいに決まってる!と目的地を変更。

てくてく、てくてく…
汗だくでたどり着いたコンビニ。
茶髪のお姉さんは冷凍ケースに案内してくれ、気の毒そうに
『あるのは、定番のカフェか抹茶しか…チョコもミルクティーも、期間限定なので、もうどこにもないんですよ』
ガーン!…ここまでして来たのに…買わずに帰れません。
『抹茶ください』
手渡されたのは、抹茶氷の入ったカップ。
『?』
『そちらで作ってくださいね~』
『?』
(察して)『作りましょうか?』
『お願いします!』
カップごと手で揉み揉みして、ホットミルクをジャーっと注ぎ、太いストローでかき回します。
かき氷そのものというより、解けかけたかき氷ドリンクという感じ。
期間限定のぼりのチョコレートとミルクティーには、縁がなかったけれど、これだけ歩いてゲットしたフラッペは最高!と思いたいです(自己満足)。

歩きながら飲むのはお行儀が悪いと躾られた年代。
コンビニ入り口で全部は飲みきれず、カップを手にし帰路に。
立ち止まっては飲むの繰り返し。

コンビニが多く便利な場所に住んでいるにも関わらず(ふだんのウオーキングコースに6件!)、今年コンビニに足を踏み入れたのは10回いかないほど。
3日連続4回コンビニ詣で。
ついに2桁です。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2016.8.9 プレゼント探し

8月1日は開院記念日。

毎年、スタッフとささやかな食事会をします。
院長にとって、開院記念日は、息子たちの誕生日(出産記念日)と並ぶ、重要な日。
あの日の天気、院内の様子、自身の緊張がありありと浮かびます。

今年の食事会では、開院の周年祝いとともに、もう一つお祝いをすることにしました。
Kスタッフが10年勤続!そのお祝いです。

うちのような零細医院では、スタッフの一人一人の力が絶大です。
できる限り、女性ならではの診療(勤務)体制にしてはいるのですが、『結婚・妊娠・出産・育児・介護』は、継続のネックになり、スタッフの入れ替わりがありました。
そんな中での快挙。

表彰状を用意して、粗品は何にしよう…
久々に気合の入ったプレゼント探しです。
現金もいいけど、ここは、もう少しインパクトのあるものにしたい…
早速Kスタッフ身辺をリサーチ。
何気ない会話の中に、好みやあったらよさそうな物がないかを探索。
ずっと使えるものがいいな~
大まかな予測をつけて、あちこちのお店をうろうろ。
どこのブランドにしようか、色は?柄は?

迎えた当日。
表彰状とともに、プレゼントも、大変喜んでくれました。
院長も、プレゼント選びから手渡すまでのワクワクドキドキの時間を楽しませてもらいました。

さて、スタッフから院長へもプレゼントが。
何々?
箱を開けると、赤、黄、緑の、まるで宝石のような飴細工の薔薇が。
乙女心(?)をくすぐります。
何にするか、あれこれ考えてくれたのでしょう。

開封しなければ、半永久的に鑑賞できるそう。
開けたら香りと味も楽しめるけれど、1か月の賞味期限。
もったいなくて食べられない~
しばらく受付に飾っておきます。

カテゴリー:クリニックに関すること 公センセの日常の出来事

2016.8.2 お世辞だったとしても…

ひとりお出かけのある日、電車を待っていたら…

60代とおぼしきオバサンがダーッとやってきて「ちょっと、ちょっと」

「何でしょう?」

「その服作ったの?」

「いえ、買ったんですけど…」

「すっごく素敵。あなたにピッタリよ!」

と言うや、サーッと走り去っていきました。

突然のことに「?」

少し経ってから「褒められた?」

一気に気分はウキウキ。

この日来ていたのは、今夏買った、黒紺の生地に白い切り替えが前にあるワンピース。

夏のお嬢さん(古い言い方?)スタイル。

オバサン(私)が着ていたのですが。

 

電車到着。

おばあさんの隣に座ると、「素敵な服ね~とってもお似合いよ」

またまた?この日2度目のお褒めの言葉。

余程洋服が素敵なのか、着ている人(私)とマッチしているのか?

「ありがとうございます!」

「女学校の時は戦争中だったから、とてもお洒落なんか出来なかったわ~私も着たかったわ~そういう服。あなた達は幸せね~」

ウキウキ気分アップで、ひとしきり米寿のおばあさんとお洒落談義。

乗換駅で「さようなら、お気をつけて~」

 

目的の駅に着き、降車して歩き始めると…

「すいません~」

20代の好青年が追いかけてきます。

またまた「???」そうなら3度目、超嬉しい。

「あの~ハンカチ落としましたよ」

いやはや…ご親切にどうも。

 

それにしても、見ず知らずの他人を褒めることは、なかなか出来ません。

前述の二人の女性はすごい!

私の気分をぐいっと引き上げてくれました。

自らの感性に従って、誰かを、何かを褒めること。

相手にとっては、思いがけない嬉しいプレゼント。

変なオバサンと思われたらと躊躇しますが、褒められて嫌な人はいないはず。

さらっと褒められる人になりたいものです。

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2016.7.26 ポケモンGO

「母さん、散歩行こ」

週末の夕食後。

「今日は夕食前に(日課のウオーキング)済ませた」

なんで、突然のお誘い?

「いいじゃん、ポケモン探しに行こうよ~見たいでしょう?」

まんざらでもなく快諾。

 

スマホゲーム『ポケモンGO』が国内配信され、早速インストールした愚息。

どんなものか気になるし、付き合ってやるかと、川沿いの遊歩道へ。

 

画面を覗くと、自分たちが立っている位置、その周辺の地図がリアルに映されています。

「おーっ、すごーい!」

他愛もない会話をしながら、ぶらぶら。

「おっ!出た、出た!」

「やっぱ、川沿いは多いな~」

スタスタ歩いていたと思ったら、急に低速、停止。

「○○だ!ゲットしなあかん。よっしゃ~」

 

その姿は、小さかった頃の息子との散歩にリンク。

少し歩いては立ち止まり、虫がいたとしゃがみ込み、珍しい?石ころを拾い、木の幹を見上げては、クワガタやセミを見つけてみたり、一向に進まなかったあの頃。

 

「レアなポケモンだ。!母さん、見てみ~!」

それがレアなのかどうか。

昔、子供たちに付き合って、一緒にポケモン遊びをした家人(父)ならわかるでしょうが、娯楽担当は父任せにした母にはさっぱり?

 

気が付くと、同様にスマホを持った人たちが、集まっていました。

小学生くらいの男の子は、お父さんが同伴。

きっとお父さんのスマホを借りているのでしょう。

やっている本人たちは夢中で気が付かないけれど、第3者から見ると、とても不思議な光景。

「やったぜ、ゲットした。ポケスト(ポケモンゲットのためのモンスターボール補充エリア)に寄ってかないと、次ゲット出来ん」

 

今回の散歩で、『ポケモンGO』について、にわか知識がついた母。

親の知らない息子の日常も、世間話に多々盛り込まれていたし。

「いや~久々にこんなに歩いたわ~。母さん、付き合ってくれてありがと」

「明日も散歩しよっか」

ポケモンGOが目的とはいえ、息子と出かけられて嬉しい母。

なんだか、周囲に目を配りながら、犬の散歩をしている飼い主みたいですが。

 

 

今回は、遊歩道だったのでまだ良かったのですが、『歩きスマホ』は危険です。

『歩きスマホ』は視野が通常時の20分の1になるとも言われています。

また、常に歩きながら画面を見ている状態では、ピント合わせを常にしなければならず、目への負担も大きくなります。

『外へ出るようになった、歩くようになった』などと健康に良い面もありますから、上手に付き合っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事 眼に関すること

2016.7.5 飛んでみた

「バスツアーで山梨まで、サクランボ狩りに行ってきた。良かったわよ~」と母の電話。

「いいな~サクランボ食べ放題。一度でいいから行ってみたい!」

 

早速休診日に催行されるツアーを探すも皆無。

個人で行くしかないと、家人をドライブに誘うと「4時間近く運転してまで、サクランボ食べたくない」

 

思えば思うほど、サクランボが気になってしまった今年。

調べてみると、『佐藤錦』の発祥地、サクランボ生産日本一の町が、名古屋から日帰り圏内にあることを発見。

山形県東根市。

『山形空港』があり、名古屋からは1時間5分のフライト。

 

お盆休みもお正月休みも旅行に行かなくなって久しい我が家。

家族全員は無理だけど、お盆休みの前倒しということで、果物を好んで食べない家人との『日帰りサクランボ狩り』を計画することに決定。

それぞれの日曜日の予定を考慮した挙句、予定した決行日は、サクランボも終盤戦とのこと。

 

当日、山形は雨。

傘をさしてサクランボ狩り?かと心配していましたが、ビニール屋根があり、全天候型で安心。

「食べ方はわかってるから、もぎ方を教えます。サクランボの実と反対側(上)に枝を引っ張って軸ごと取って。種はその辺に捨てていいから。んだ、んだ(全部山形弁なので、大体こんな内容)」

わーい。

たわわになるサクランボ。

どの木にしようか、あれこれ食べてみると、木によって甘さが違います。

お気に入りの木を見つけて、取る、食べる、種を捨てるを黙々と繰り返します。

最初は自分の背丈くらいのを取っていたのですが、脚立に上り上の方の実を食べてみたところ、更に甘みが強いことを発見。

枝を大きく張った老木?の上の方の太陽をたくさん浴びた、まん丸艶々の実が最高。

50個までは数えていたものの、どうでもよくなり、とにかく食べる、食べる。

制限時間は1時間ですが、さすがに20分も食べ続けると満腹。

我に返って、家人を見つけ「何個たべた?」

「20個くらい」

「え~!?たった20個!?少な~」

「食べすぎるとお腹痛くなるから~」

その分も頑張って食べよ。と、しばし休憩をしてラストスパート。

 

帰りのタクシーで「お客さん、サクランボたくさん食べました?(実際は山形弁)」

「思う存分食べましたよ~」

「夜、お腹ひどいことにならんといいですがね~」

ん?調べてみると、サクランボ中のソルビトール(糖アルコール)が、下痢や腹痛、ガス(おなら)産生を誘発するそう。

食べすぎれば…ですが。

明らかに食べすぎています…

 

 

せっかくなのでと、予約した名物の麩料理も食べて、胃はパンパン、あとは散策。

 

山形に到着から出発まで、わずか5時間半の滞在でしたが、思い切って飛んでみて良かったです。

でないと、この先も『サクランボ狩り、サクランボ狩り』と気になって仕方がないかも。

先取りした夏休み(お盆休み)の一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

先頭に戻る