2024.6.25  ツバメもお疲れ?

低空飛行でツバメが飛んできた…

すぐにラベンダーの細い枝に掴まって静止。

じっと動きません。

1メートルほど近づいていくと、目を閉じています。

こんな近くで見られるのは珍しい。

部屋からスマホを持って戻ってみるとまだ目をつむっています。

50センチ近づいても変化がないので写真をパチリ。

さらに30センチまで近づいてもピクリともしません。

風で枝が揺られても気持ちよさそうに目を閉じて、揺れに体を任せています。

観察するところ、まだ尾羽が短く、側面にも産毛のようなものが残っています。

飛び始めたばかりの子ツバメのようです。

ちっとも目を覚まさないので、こちらもその寝顔をじっと見ていること10分余り。

変化ないので場を離れます。

そうはいっても5分ごとに見に行く始末。

30分を過ぎた後、いなくなっていました。

疲労回復したのでしょう。

掴まった枝で眠ってしまう程、社会生活は子ツバメにとって相当のストレスのよう。

 

我が家には、20年以上毎年ツバメが飛来。

この季節、ツバメのためのお掃除オバサンに徹する院長です。

3つの巣が、全部埋まる年もあれば、カラスなどに襲撃され破壊される時も。

巣の下に卵の殻を見つけると、それからは、掃除の量が一気に増えます。

親ツバメが戻ってくると、一斉に口を開き、餌をもらいます。

食欲旺盛ということは排出物も多いということ。

本能的なのか、お尻を巣の外に向けて糞をします。

その量、恐るべし。

時に、赤ちゃんが落ちてしまうこともあり、多くは助かりません。

昨年のように息子が育てて成鳥になれることもありますが。

 

ツバメは福を運んで来ると言うし、子育ても終了した院長としては、毎年のお掃除オバサンも(ツバメ)子育て協力の一環と思える余裕も出てきました。

 

口をパクパクしている雛を見上げながら、小さい頃の息子たちに重ねる母。

ラベンダーの小枝ですやすや眠る子ツバメを見ながら、新米社会人の息子たちに重ねる母。

 

先日コロナ以来の旧友に会いました。

彼女とは、大学受験の塾で知り合った仲。

田舎なので、文系理系難関大学と医学部は混合クラスでした。

彼女は文系大学を出て、専門職。

約5年ぶりに会ったKちゃん。

『非常勤にして仕事半分に減らしたの』

『どうして?』

『駄菓子屋さん始めた。前からやりたかったから』

彼女の話を聞くと、また違う世界を知ってわくわく。

売り上げ心配しますが…

『まずは駄菓子屋さん。これが最終ステージじゃないけどね』

カッコイイ!

 

お互い子供も社会人になり、まだまだ自分の目標に向かって行動できることを再確認。

 

ツバメの成長を見、息子たちの社会人としての成長(話)を聞き、安堵。

でも、オバサン(母)だってまだまだ成長(ゆっくりだけど)する!

息子たちよ、これからは母の成長を見守ってね~

母の日もスルーだった息子たちへのリクエストです。

 

こちらもご覧ください

2017.5.23 母の日に

2015.5.12 母の日ツン

2012.5.15  母の日に愛をもらう

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

  • タグ

先頭に戻る