2014.10.28 特別な日に

デパ地下をうろうろしていたら「泡にまつわるワインの話が始まりますよ」と店員さんに声をかけられ、泡好きとしてはカウンターへふらふらと。‘シャルルエドシック’(初めて聞いた)というシャンパンメーカーのマネージャーの方のお話。シャンパンが出来るまでの過程、シャンパンに合う食べ物、シャンパンへの思いなどアピール。「シャンパンは特別な日に飲むものと思われがちですが、何でもない普通の日に飲んでください。何でもない日が特別な日になりますよ」1本7500円!のシャンパンならそれだけで特別なことになりそうですが。私の泡は、ふだん無糖炭酸水。たまにビール。すごく特別な時にシャンパン。コスト的にふだん飲めない銘柄。1杯1350円で試飲をしただけで、十分特別な日になりました。‘毎日がスペシャル’という歌がありますが、平凡な毎日でも日々異なる小さな嬉しいこと(小さな特別)がひとつはあるはず。そう考えると明日もやっていこうという気になります。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.10.14 人間ドッグ

毎年人間ドッグの時期が来ると、前回から一年乗り切れたなぁと有難く思います。昨年大きく変わったのは体重。過去10年で変動はほとんどなかったのに、なんと昨年3キロ増!「少しふっくらしたよね」と言われることもありましたが、自身としては不満、不安。原因は運動量が減って基礎代謝も落ちたことではないかと…再びランニング開始。今年は元の体重に戻っていました。太ったせいだと思わず、ワンピースのファスナーが上げずらくなったのを加齢のせいだと思っていましたが、体重減少とともに同じ服のファスナーはスルスルに。3キロは大きい!さて、ドッグの中でも一番はがんの早期発見。たとえがんが見つかったとしても、大きくなりすぎる前に、多臓器転移する前に治療開始できることです。大腸癌・胃癌・子宮頚癌・乳癌・肺癌・肝癌。便を採るだけの簡単なものから、マンモグラフィーのように痛いもの(乳房を挟まれる)や苦しいもの(胃カメラ)まで。今年も何も見つかりませんように。恒例行事を終えた後は、絶食のごほうびに美味しいものを食べて帰るのが定番のコースです。今年はスタッフとドイツ料理。痛みも苦しみもすっかり忘れ、楽しいひと時でした。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.9.2      白衣色々

医師にとって白衣は仕事モードに切り替わる制服。初めて白衣を着たのは解剖実習の時でした。大学生協で一番安い白衣を購入、医学生を実感しました。卒業して医局に入った時に支給されたのは、綿混のパリパリに糊がきいた白衣。裏に「眼科」とマジックで書かれた共用でした。入れるもの(アンチョコノート、ペンなど)が多いわりにポケットが浅く、しゃがんだり走ったり(研修医は走ります)すると飛び出してしまい一苦労でした。その後、外の病院に移っても似たような白衣を支給され、そんなものかと気にもしなかったのですが…ある時、某大学病院の女医さんの白衣を見てびっくり。なんてエレガント!白衣にも種類とグレードがあることを初めて知りました。開業を機に色々試してみることに。一番のお気に入りは某デザイナーのポリエステル素材のダブルのロング丈ですが、ここ4~5年のカタログではシングルのショート丈が主流のようです。最近はオーダーメードの白衣まであるそうで、体型に合わせてウエストを絞り襟や裏地のデザイン(ヒョウ柄でも可)も選べるとのこと。そこまでは…と、たまには…と次回購入する白衣に思い巡らせています。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.8.26 走行距離

愛車プリウスも5年目になり車検の時期となりました。愛車と言っても車への愛(興味)はどんどん減速していくばかり。若い頃は2シートのミッション車で高速道路をぶんぶん飛ばしていたのに…今回5年にしてプリウスの走行距離は12000キロ余り。だんだんと車の必要性を感じなくなってきました。以前みたいに、どこでも車でという気がしなくなり、まずは自分の足(徒歩)で行ってみる、それから自転車、それ以上はもちろん車で行くときもありますが、公共交通機関を使うようになりました。車中心だと面倒くさいと思っていたことも習慣になると健康的でエコです。往診に必須なので車は手放せませんが。ちなみにプリウスの1カ月当たりの走行距離は200キロ。ふだんの自分のランニング走行距離は1カ月平均160キロ。自身も車検ならぬ健診、検診が必要な時期に来ています。

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.8.19       ビデオカメラのおかげで?

書店に行って支払いを図書カードで済ませようとした時のこと。財布に入れていたはずのカードが見つかりませんでした。10日前に別の書店で本を買った時、図書カードで支払いを済ませたことを思い出し、落し物として届いてないか、もらい忘れたのではないかの確認の電話を入れました。忘れ物としては届いていませんでした。購入した日とレシートの番号を聴かれ、また折り返し電話を待つことに。「ビデオカメラで確認しましたところ、お客様(私のこと)は赤い!財布に図書カードをしまわれました。」とのこと。「お手間をとらせて申し訳ありませんでした。」と私。ビデオカメラのおかげで納得(説得力がありますね)したものの、それにしても…人物像から、財布の色から、店員さんとのやり取りまで知らないうちにビデオカメラがまわっていたとは驚きと怖さを感じました(抑止力になって不審行動は慎まれるのでしょうが)。日々の行動はお天道様や他人が見ているかだけではなく、カメラも見ている時代なのですね。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.7.29       夏の飲み物

盛夏の候、泡の出る飲料の消費は高まるばかりです。とは言っても、自身の場合、その大半は無糖炭酸水。これが夏の定番です。シュワシュワ弾ける泡は、海の中にもぐっているようで見ていても楽しいし、他の飲み物より、いつでもどこでも安心して(酔わずに)気分転換になります。今年のお気に入りは炭酸のハーブ酢割り。スタッフに勧められたのですが、味も酸っぱくなく、クエン酸も摂れて身体にもよさそうです。何種類かのハーブ酢がありますので、色や味の違いを試してみるのも楽しいです。もうひとつ、この夏の院長お勧めは、ゼリーを凍らせて牛乳と一緒にミキサーにかけたシェイク。中国産やら何やらと騒がれているファストフードですが、自家製は安心で美味しいです。ぜひトライしてみてください。自分のお気に入りの飲み物で暑い夏を乗り切りましょう。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.7.22  1円の補てん

先日コンビニではがきを買いに行った時のこと。「52円です。」と言われて51円を用意していた自分はびっくり。「はがきは51円じゃないのですか?」と聞くと4月から封書と同様に2円値上がりしたとのこと。4月からはがきを何枚くらい出したのだろうと思い返すと、はたしてそのハガキたちは無事に宛先に届いたのかと心配になってしましました。絵ハガキも官製はがきも51円になるように切手を貼って出していました。相手方が1円補てんしてくれたのか(全く失礼なことをしてしましました)、郵便局で今回はと見過ごして届けてくれたのか、確かめる術はありませんが、今回から改めるのみです。でもいまだに自分以外にもはがきは51円だと思っている人がいたりして。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.7.15    見知らぬ人と

先日デパートの喫茶室に入った時のこと。案内されレディースランチを頼むと、程なくサンドイッチとパフェ、コーヒーが登場。「それってお得よね。デザートも大盛りだもの。」と隣から声が。見ると同じメニューを注文した女性(ひと回りくらい上)が話しかけてこられました。「そうですね。美味しそうですね。食べきれるかしら?(甘いものは別腹なのでもちろん完食ですが)」の返答から会話が始まりました。テーブルとテーブルは少し間があるのでお互い少し歩み寄りながらおしゃべり。93歳と89歳のご両親を介護していて、週に1回は気晴らしにデパートに来ること。このデパートのういろうと大判焼きを気に入っていて毎回買って帰ること。一人息子は東京に出て帰って来ないこと。身辺親兄弟の話を初めての人と半同席して語り合い食事をするとあっという間に1時間。名前も連絡先も聞かず「楽しかったわ。ありがとう。」とご婦人は去って行きました。まさに一期一会。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.7.8 女性とスポーツ

女性とスポーツの講義を聴いてきました。競技スポーツと月経の関連、妊婦スポーツ、更年期スポーツと3つの内容があったのですが、自身も気になるのは来るべき更年期に備えての健康維持のためのスポーツ。ホルモンや加齢、栄養、生活習慣の他に運動因子も骨粗鬆症の原因になり、そのための予防の運動としては以下のことが推奨されるとのことです。有酸素運動、筋力運動、ストレッチングを楽~ややきついと感じる程度、1回あたり30~60分間週3~5日継続すること。最近はランニングからジョギング、ウオーキングに移行している院長ですが、講義を聴けば結構予防的スポーツを実行しているようです。未知なる更年期、でもひたひたと近づいてきそう。乗り切れる体力をつけておきたいと思います。

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2014.7.1       粋なプレゼント

先日院長とスタッフにプレゼントをもらいました。小さな紙袋を開けたスタッフたちが歓声。何かと思ってのぞいてみると、見せてくれたのは手作りのクッキーでした。一つ一つラッピングされており、クマ型の型抜きクッキーは微妙に表情が変えてありました。贈り主の仕事は製菓関係ではなさそう。お礼を言うと「ちょっと作ったんで。お礼に。」とさらり。意外だったのは、20代の男性からだったこと。男性だってお菓子も料理も作れるのは良いことに違いありませんが、彼の意外な一面をみました。気になるお味のほうは…小麦の味がしっかりして昔お菓子の本を見て作ったクッキーを思い出させ、とても美味しく頂きました。院長も以前(20代)は義理チョコも手作りするくらいお菓子作りが好きだったのですが、ここのところ遠ざかっています。クッキー作ってみようかしら(と腰を上げる前にお店に向かいそうですが)。

さて、7月7日は七夕。院内には手作りのとても小さな七夕飾りがあります。見つけられた人は、スタッフの願い事が読めます。またご自身の願い事も受け付けます。シニアグラスがご入り用の方には貸し出しいたします。

カテゴリー:公センセの日常の出来事
10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

先頭に戻る