2014.4.8   春に誘われ

たのしみは春に誘われ歩くこと

某新聞朝刊の俳壇を見て…ではありませんが、桜を見に山崎川(瑞穂区)まで歩いて行きました。山崎川は名古屋の桜の名所として古くから有名ですが、もう何年も行く機会がありませんでした。近場の扇川の桜も綺麗ですが、思い立ったら名所の桜も見たくなるもの。途中地下鉄乗車という選択肢もありでしたが、休憩も寄り道もせず、クリニックからひたすら歩くこと2時間余り。河岸にまたがる満開の桜並木を堪能することができ、歩いてきた甲斐があったというもの。風が強い日だったため桜吹雪が舞い、存分に花見を楽しめました。同行者曰く「ゴルフのラウンドより、休みなし飲食なしできつかったけれど、次回のラウンドが楽になりそう」春に誘われ歩きませんか。

カテゴリー:公センセの日常の出来事 未分類

2014.3.4       今年も花粉症

暖かくなりましたね。朝一番にその日の花粉飛散予報を確認する毎日です。先週、風邪気味かな?と思っていたところ、やはりスギ花粉症の発症となりました。幸い、自分に合った薬にて落ち着いているので、声はワントーン下がっているものの、大きく生活に支障は出ていません。辛い症状を我慢していると、集中力の低下や憂鬱な気分、苦しくて夜眠れないなどが出てきますので、早急に治療をお勧めします。眼鏡とマスクの着用で入ってくる花粉の量は最大6分の1に減ると言われていますが、眼鏡だと曇りそうで院長は1日使い捨てタイプのコンタクトレンズにマスク着用です。普段眼鏡の人の要望からか、メガネが曇らないマスクを見つけました。吐く息が上へ漏れないとのこと。インフルエンザに続き花粉症と、マスクはどんどん進化しているようです。

カテゴリー:未分類 眼に関すること

2013.5.1スタッフ勉強記

30年前の眼科の教科書には、確実な治療方法がないと記されていた病気も研究のもと、様々な治療法が行われるようになってきました。

先日、参加した勉強会は<網膜色素変性症のキューバにおける治療>ということで、キューバの網膜色素変性症国際センター所長のラサロ医師の講演会でした。微小手術(脂肪組織の移植)、オゾン療法、電気刺激療法、サプリメント。この4つの組み合わせで、症状はコントロール出来るという報告でした。残念ながら日本ではまだ行われていませんが、近い将来(医学的には治験や認可など長い道のりかもしれませんが)国内でもポピュラーな治療法になっていくことを願わずにはいられません。人工網膜やiPS細胞による網膜再生など、少しずつですが確実に研究から臨床へと、明るい兆しがみえてきました。

医療では日々進歩、明るい話題満載ですが・・・問題山積み、先の見えない長いトンネルから出られない状態の我が家。G.W真っ最中。新緑の眩しい、花々の美しい季節。日常を離れひとり優雅にひとり旅を夢見つつ、早朝からの弁当作り、洗濯、清掃、いつもと変わらぬ?いつも以上に小言と愚痴の増えそうな予感。明るい未来の兆しが いつかきっと私にも訪れると信じて・・・

カテゴリー:未分類

2013.4.9  涙袋メイク

突然ですが、今回は当クリニックスタッフがお届けします。

先日、友人と女子会をしていた時のこと。「最近テレビ見ていて気づいたんだけど、芸能人って涙袋がある人多いんだよ!」それを聞いてテレビを見ていると、確かにタレントさんや女優さんの中に涙袋がある人もたくさんいました。

そもそも、涙袋というのは下まぶたに沿った膨らみのことで、別名を涙堂(るいどう)というそうです。ホルモンが詰まってできていることからホルモンタンクと呼ばれることもあるのだとか。

中には「目が大きく見える」とか「色気がある」と憧れる女性もいるそうで、最近では「涙袋メイク」なるものも若い女の子の間で流行っているそうです。デカ目メイクの王道「つけまつげ」にはあまり抵抗を感じなかった私も、さすがにビックリでした。

女性にとって、「大きな目」はとても魅力的です。しかし、目のキワというデリケートな部分に、アイシャドウなどを引いて涙袋があるかのように見せるというこのメイク、ひとつ間違えば目に傷をつけてしまうことにもなりかねないなぁ、と眼科スタッフとしては少し不安に感じました。

春が訪れ出会いも多い季節。第一印象も大事ですが、目ヂカラの追求はほどほどに。

カテゴリー:未分類
1 / 11
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る