2024.6.4 生きてるで~

産業医の日。

事務所に入る時は『こんにちわ~!』

いつもは『センセ、こんにちわ~』(関西弁で)の店長さんの声が小さい。

『センセ、僕、今日元気ないんですわ~』(以後関西弁です)

『どうされました?』

『いや~脚立から落ちまして…』

は~!?

『大丈夫でしたか?』

『生きてるで~』

(関西人はこういうリアクションなんですね!?吉本新喜劇だけかと思っていたら…)

『だけど、痛い。かなり痛いですわ~』

 

先月は、会社自体で労災がいつもより多く発生。

切創、打撲・捻挫、骨折が内訳です。

 

店長の労災発生状況をまとめると…

天井からぶら下がっている看板を外そうとした。

直下でなく、少し離れたところに脚立を設置。

上って手を伸ばしたところ、バランスを崩し落下。

頭部背部腰部打撲。

救急車にて病院に搬送。

頭部MRI異常なし。たんこぶ有。

腰部圧迫骨折。全治3か月。

 

どうしたら防げた?

目標物の直下に脚立を設置すべきだった。

 

店長自ら労災申請書を書く羽目になり、とほほ顔。

 

『巡視大丈夫ですか?』

『何とか歩けます』

痛みをこらえてゆっくりゆっくり。

今日は口数も少なめです。

事故現場も写真に撮っておきます。

 

バックヤード随所随所、売り場でも先々で

『店長大丈夫でしたか?』の声。

確かに日中、救急車がスーパーに横付けされ、しかも店長が搬送となれば大騒動。

全員が知るところとなります。

その度に『生きとるで~』と返す店長。

これは、関西人全般のリアクション?

名古屋人だったら…

『ん~まあ…』とお茶を濁すか…

『大丈夫じゃないに決まってるでしょ(見たらわかるやろ)』って言い放つか…

『生きとるで~』の返しを何回も聞いていると、店長さんがみんなに慕われているのが伝わってきます。

 

会社からの労災ニュースには、転倒予防体操も紹介されていました。

物の配置や環境には気を付けなければいけませんが、自身の身体の強化も。

転倒しない・転倒しにくいための身体作りです。

労働災害だけでなく、加齢により転倒事故は増えるので、特に下半身を鍛えることは大切です。

転びかけて、とっさに手を着けないと、顔面打撲をしてしまいます。

外来でも往診でも、転んで顔を打ってひどい皮下出血になった患者さんがおられます。

さらに骨折すると治癒するまで相当の時間がかかります。

そのままフレイルになってしまうことも。

 

院長も、もう転べない年齢(50代)になっています。

下半身強化は一生の課題です。

 

さて、今日はゆっくり巡視。

店への投書欄にも目を通します。

『この店は、パンの宣伝の放送が大きすぎるし、回数も多すぎる!そこまで店長がパンにこだわるのは何かあるのですか?』の声。

『他競合店との差別化を図るために、店長はパンに注力、執着しております。ご理解お願いいたします』と返事。

紙カードのやり取りに、くすり(笑)。

 

他にも、店員の態度とか、割引の時間とか、商品希望とか…一つ一つに回答を付けて貼りだしてあります。

時代錯誤かもしれませんが、匿名と言えども、ネットより紙に自筆と言うのが、親密さ(怒りや要望にしても。もちろんお褒めの言葉もある)を感じます。

 

店長さんもまさか自分が労災に遇うとは、思ってもなかったことでしょう。

天災どころか労災も忘れた頃にやってくる。

今日の教訓。

産業医としても気を引き締めねばなりません。

 

早く良くなってくださいね。

 

 

カテゴリー:産業医
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

  • タグ

先頭に戻る