2018.4.24 クレジットカード

郵便物の中に、『クレジットカード取り扱い中止のお知らせ』の案内が。

某デパートの閉店に伴い、提携のクレジットカードの取り扱いも中止になるので、同意してほしい旨。

もちろん、状況が状況なので同意して返送。

唯一のクレジットカードよ、さらば!です。

 

 

このクレジットカードを作って20年余。

使用したのは、記憶にあるだけでは2回。

 

一度は人間ドッグで、予期せぬオプションの検査代を払うのに、持ち合わせがなかったとき(1万円未満)。

勤務先を向こうは知っていたので、同日中に支払いに来ればOKという約束を取り付けました。

その時、受付嬢が『クレジットカードお持ちですか?』

財布をゴソゴソ『これですか?』

『そうです、暗証番号お願いします』

暗証番号は記憶にないので、サインで無事終了。

出直さなくて助かった~

 

二度目は、近所のイタリアンカフェで食事したとき。

レジで財布を覗いたら、支払額(5000円未満)に足りません。

『ちょっと待ってください』

先に駐車場に行っていた息子たちに『お金持ってない?』

『母さんの奢りだから、財布持ってくるわけないだろ』

『誰か人質になって~お金取りに帰るから』

『カード持ってないの?』

幸いなことにクレジットカードがあり、決済完了。

 

窮状を救ってくれたクレジットカード。

これからどうする?

 

こうクリニックのスタッフに尋ねたところ…

おサイフケータイで何でも済ませている達人から、カード無しの人まで色々でした。

持たない彼女は『大きな買い物をしないから』

なるほど、潔い。

 

二度カードに助けられた院長ですが、基本的には、大体どこへ行って何を買うか想定して、財布を確認して出かけます。

近所のスーパーなら千円札を。

街に出るなら一万札を。

たまに、お金が足らずに、残念な思いをすることもありますが、その場合は『今回は縁がなかった』と諦めます。

ネットで『クレカ決済限定』の場合も諦めます。

 

時代に逆行する現金主義。

カードを使わないのは何故かと考えると、やはり現金は『支払った!』感覚がじかに来ることでしょう。

 

以前交通系ICカード(電子マネー)を作ったばかりの頃、嬉しくて出張先で色々買っていたら、すぐに残高不足になり、慌てたことがありました。

以後、交通費に使うのみ。

 

無くても困らない(かな~?)

でも、無いと不安になる(かも?)

そんなこんなで、新しいクレジットカードどうしようか迷っています。

 

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事
先頭に戻る