2018.12.18 年齢確認

末っ子が20歳になって、お酒が買えるようになりました。

それでも、コンビニでは、『年齢確認ボタンを押すように』と言われ、小売店では、身分証明書を提示させられることもあるそうです。

元々、童顔で、今でも『高校生』と間違えられることがあるくらいですから、仕方がないことです。

確認販売することが、売り手の責任ですし。

しかし当の本人は、『本当に20歳なのに…』と不服そう。

 

知人のAさんは、20代半ばの社会人。

いつも制服姿でキビキビと働いています。

小柄で童顔なので私服姿は、まるで『女子大生』。

『よく、間違えられます。今も、お酒買う時、確認されたりします』

小柄で童顔、可愛らしいのは、魅力なのですが、本人にとっては嬉しくないこともあるようです。

 

共通する思いは『年齢相応(プラス数歳上)に見られたい!』

 

先日、映画を見に行きました。

『夫婦50割』というお得な鑑賞券がありました。

『免許証持ってる?』

『ある、ある』

年齢確認後、購入かと思いきや…

『50割ですね。○○円です』

『あれ?』

年齢確認しないの?

チケットを夫に渡しながら、

『それって、50歳以上って見た目で判断されたってこと?』

『まあまあ…50割は、夫婦どちらかが50歳以上ならいいみたいだから、後ろの方にいた僕で判断されたんじゃない?』(面倒な妻だな~と思いつつも、フォローしてくれる夫です)

 

知人Bさんと、先の夫婦50割の話をした時。

『わかる、わかる~』

Bさんは、敬老パス(名古屋市全区間地下鉄・バスがフリー)を使える年齢(65歳)になりました。

初めての敬老パス使用の際、年齢確認された場合の運転免許証をいつでも出せるような心づもりで、バスに乗ったそうです。

しかし…ノーマーク。

『敬老パスもらった時点で、65歳ではあるけれど、確認してほしかったのよね~』

 

共通する思いは『年齢相応(マイナス数歳)』に見られたい!』

 

年齢確認は業務遂行の一連の手続きに過ぎません。

係員は、企画に年齢が合うかどうか確認できれば、他(見た目)には関心がないと、わかってはいるのですが。

 

皮膚科医の知人に顔のメンテナンスを尋ねたら

『そのままでいいって。年齢相応に中身も年取るのがベストだと思う。外見だけ若作りが一番見苦しい』とのこと。

外見も中身も年齢相応が一番。

有り難い先輩の一言でした。

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事

2018.5.22  あり得る・あり得ない

ラジオ放送で知り合ったディレクターからランチのお誘い。

収録後の立ち話で『落ち着いたらご飯しましょう』の一言から実現。

高岳のお洒落なカウンターレストランで待ち合わせ。

初デートのようにおめかし、おめかし。

 

同じ年代(自分±5歳)では、と思っていたら、正解!3歳違いでした。

仕事あるある、子育てあるある、家事あるある、趣味あるあるなど、あり得る話で、初ランチ大盛り上がり。

11時半スタートの食事会は、2時間超え。

新しいお店、新しい知り合い。

まだまだ『あり得る』新しいこと。

ルンルン気分のまま、駅でお別れしました。

 

さて、時計は13時50分。

これから、伏見に向かいます。

猛ダッシュ(といっても地下鉄ですが)で、伏見ミリオン座(映画館)に到着したのは、14時7分。

『「ありえなさ過ぎる女」、まだ間に合いますか?』チケット売り場のお姉さんに尋ねると

『まだ、本番始まってないから大丈夫ですよ』

 

上映開始は14時5分から。

今日を逃すと次は明日です。

1日1本の上映作品(ありえなさ過ぎ)。

しかも1週間限定の上映(ありえなさ過ぎ)。

 

吉本新喜劇ベテラン女優の『浅香あき恵』が主演の映画です。

新喜劇ファン・あき恵ちゃんファンとしては、見逃したくないところ。

 

60歳独身女性よしえ(浅香あき恵)が3人のイケメン男性(20~40代)を殺害した罪で逮捕される。

しかし、よしえは、自分に惚れ込んだ男性たちが、四角関係のもつれのより、1人の男が2人を殺害後、自殺したと無罪を主張。

担当女性弁護士は、ありえなさ過ぎ!と、思いつつも、弁護を引き受け、よしえから自分の恋の指南も受け(ありえなさ過ぎ)、無罪を勝ち取る。

というお話。

最後に、弁護士が、ある事実を知るオチがあるのですが(ありえなさ過ぎ)。

 

ABCテレビ『なるみ・岡村の過ぎるTV』ファミリー総出演も。

バラエティー番組ではないものの、お笑い的要素が盛りだくさん。

手に汗握る場面はなく、『ありえなさ過ぎ!』の連発のゆる~い映画でした。

終了後、部屋が明るくなると、観客は、後方のみに(ありえなさ過ぎ)。

 

あり得る至福の時間と、ありえなさ過ぎの映画。

楽しんだ一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事
先頭に戻る