2017.11.28 念には念

木曜日、母より電話。

『何だった?』

『ごめんね、昨日ラジオ(CBCラジオ:水曜日PM4:00~オトナのクリニックに院長出演)聞けなかった。警察来たりしてバタバタしたから』

『何~?警察?』

何が起こった?

 

父の預金を、行き来のしやすい近くの別銀行に移そうと、母が委任状・印鑑・保険証などを持って市中心部の銀行へ。

今どきの振り込み詐欺事件を警戒して、銀行では、使途を確認。

母は、やらしくて(※岐阜弁:体裁が悪い)『そんなこと、言わないといけませんか?こっちの都合です』

銀行:『それなら警察に確認してもらいましょうか』

母:『そんなに大変なことなら、もういいです』

銀行:『もう呼びましたから』

間もなく、私服警察官登場。

警官:『息子さんに確認を取りたいのですが』

母:『仕事中だし、困ります』

警官:『ご本人(父)に確認取ります。電話かけますね』

母:『主人は電話が鳴っても出ません』(実際、かけても出ず)

警官:『仕方ないですね。御在宅なら、家まで行って直接確認します』

警官と母は、警察所有の軽トラ!に乗って、自宅へ。

父に直接確認。

事件性なしと判明。

再び、軽トラに乗って母は銀行へ。

無事預金を下ろせました。

予定が大幅に狂い、一日数本の巡回バスに乗れなくなった母は、その旨を訴え、再び軽トラで自宅へ。

結果、現金は、最も安全に運ばれました。

 

という話を、一気にまくしたてた母。

事件性がなかった話に、安心し、途中から吹き出しそうになりました。

 

でも、それだけ振り込み詐欺が多発しており、金融機関や警察が、予防線を張ってくれているのでしょう。

『私、まだまだしっかりしとるからね~』という言葉だけでは、世間一般には信用されない年齢になってきたのです。

 

『ばあちゃん、笑わしてくれるわ~』と息子たち。

以前も『オレオレ詐欺』に遭遇しかけた母。

笑い話で済んだ一件、幸いでした。

→過去の記事「祖母はだまされる」はこちら

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る