2024.5.14 初めてのお店

行きつけの美容室とは、20年のお付き合い。

当初はカットと顔そり(理美容師資格有り)だけだったのですが、初カラー(白髪染め)もこのお店でデビュー。

院長よりちょっと年上。

 

『今日はどうしましょう?』

本日の要望を言って、後はお任せ。

 

あまり雑談をしないところも気に入っていました。

 

カラーも定番色。

一度、メッシュのヘアモデルを見せたら『やめた方がいい』

 

シャンプーの時『痒いところないですか?』と毎回聞かれるのは、床屋さんみたいな感じもするけれど、いつも『特にないです』

シャンプーの間、顔そりの間ついウトウト。

『お疲れですもんね~』(院長の仕事は知っている)と放っておいてくれます。

 

安定安心の至福の時間は、髪の伸びに合わせて定期的に。

 

ある日、予約数日前に電話が。

お店から電話があったのは初めて。

どうも体調がすぐれず、2週間ほど休業するとのこと。

既に髪は伸び、切り頃で、しかも今回はショートにしたいと思っていた時でした。

前髪は鬱陶しいと感じているし、2週間は待てないな…

 

美容室はとても多いのですが、いざ行こうとなると迷います。

ネットで検索するも、なかなか行きたいと思うお店に出会えず…

でも、どこかには行かないといけないし…

 

そう言えば、息子が美容室を始めたと言っていたような…

電話をして尋ねます。

『息子も理美容師だから大丈夫。息子に伝えておくわ~』

 

当日、ちょっとドキドキしながら来室。

『母がいつもお世話になっています』

『こちらこそ、いつもお母さんにお世話になっています』

とても穏やかな優しそうなお兄さんです。

 

『今日はどうしましょう?』

『短くしたいです。切った!って感じに』

あまりショートにすると、えら顔の院長はえらが強調されてしまうとの旨。

結果、あごラインのボブにすることに。

『カラーの色は、母から聞いた色でいいですか?』

初対面なので、思い切って

『知人が、髪の一部を赤く染めたのですが、ちょっといいな~と思って…』

『やれますよ、やりましょう!やりましょう!髪をかき上げたときにちらっと見えるくらいなら、そんなに目立ちませんよ』

『お願いします!』

お母さんの時は、この提案は却下されました(保守的です)。

 

髪を切って、内側の一部をブルーで染めてもらいました(まずは目立ちにくい色から)。

シャンプー時は、痒いところは聞かれません。

男性による顔そりは初めてで、最初は緊張していましたが、息子さんということもありすぐにリラックス。

 

さて、出来上がったヘアスタイルは、ブローの効果もあってか、何となく今までよりお洒落な気が。

白髪染めがしっかり入っているため、ブルーの発色はほとんど出ませんでしたが、新しくトライしたことに満足。

『だんだん、髪の中に色が入って来るようになりますからね~』

 

『またお母さんに戻ると思いますが、機会があったら来ます』

周囲からの評判は上々。

 

さて、そろそろ次回の予約を…っと思っていたら、お母さんのお店から電話。

『この前、すみませんでした。息子の店に行ってもらってありがとう。申し訳ないけれど、これから息子の店でお願いできます?』

年齢と体調でそろそろフェードアウトのよう。

 

以来、2回目の来店。

今度は、さらにショートに。

内側の差し色カラーも再チャレンジ。

二人でわくわく。

 

ネットの口コミより確実な方法で、初めてのお店に当たりました。

家族や知り合い、近所の口コミは最強です。

 

こちらもご覧ください

2024.1.16 時間制限

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

  • タグ

先頭に戻る