2017.10.10 誕生日の朝

前日、『良いお誕生日をお迎えくださいね』のスタッフの気遣いに『ありがとう』と感謝。

 

当日、少し早起きをして、ご馳走(私なりの)を作ります。

出来上がった料理と、用意しておいたケーキを食卓に並べると、家人が起きてきます。

 

『お誕生日おめでとう』

『ありがとう~』

 

息子たちの帰宅がバラバラになってから、家族の誕生会は、全員がそろう朝食時です。

 

私:『○○(息子1)おはよう、ご飯ですよ~起きて~』

息子1:『日曜なのに、もう起きるの~?あーそうか。誕生日おめでとさん』

私:『ありがとうね~』

 

私:『○○(息子3)おはよう、起きて~今日は何の日だった?』

息子3:『おめでとー』

私:『ありがとう!』

無理無理言わせてる感は否めないのですが…言ってもらうだけで自己満足。

 

全員そろっての食事の後は、ケーキにろうそく。

男性陣は、何時の頃からか、ろうそくの火を吹き消す行事はパス。

それでも、いつもケーキ屋さんでは、ろうそくを付けてもらいます。

今回は、年齢の2桁の数字はパスして、1桁分のろうそくを立て、火を付けました。

 

息子1:『その年になっても、誕生日嬉しいの?』

私:『嬉しいよ~

家族みんなに祝ってもらえて(無理無理かも!?)最高に嬉しい!

いい?

女性はいくつになっても誕生日は嬉しいものだから、将来、結婚したら、必ず、奥さんの誕生日は覚えててお祝いしてね~』

息子1:『なかなか大変やな~』

 

そうそう、もう一人から、誕生日のお祝いの言葉をもらっていません。

下宿している息子2にライン。

私:『おはよう、起きた?』

息子2:『起きた』

私:『今日は?』

息子2:『(部活の)秋季大会』

私:『そうかもしれないけど、違う。母さん…』

息子2:『ハッピーバースデー(ケーキマーク)』

息子2:『でした』

息子2:(花束を持ったクマのスタンプが『おめでとう』)

またもや、言わせてる感100%。

でも、嬉しい~(真っ先に思い出して~)

 

平凡だけど、ちょっぴり特別な、誕生日の朝でした。

また一つ、無事に歳を重ねたことに感謝です。

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事
1 / 11
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

先頭に戻る