3月16日 今年は花粉だけじゃない!?

スギやヒノキなどの花粉の飛散が最盛期を迎えています。今年は例年の約1.7倍の飛散量と予測されており、飛散量の少なかった昨年に比べると6.6倍だそうです。
さらに今年は花粉に加え、中国からの微小粒子状物質”PM2.5″の飛来も懸念されています。同国から飛んできている黄砂にも、このPM2.5が付着していることがあるそうです。

「PM2.5はアレルギー症状の原因である抗体を作りやすくするため、花粉症を誘発する可能性がある」と指摘する専門家もいます。
また、名古屋市内の診療所では、今年初めて花粉症の症状が出たという患者も多く、中にはぜんそくのような重症を訴える方も。

このような状況に対し愛知県は、県内のPM2.5の濃度が環境省の定める基準値を超えると予想される場合、ホームページなどで注意喚起情報を公表する予定で、今後の情報にも注意が必要です。

薬局や量販店の花粉対策用品も予想を超える売れ行きで、例年以上の対策を考える方も多いようです。
例年に比べて症状がひどいという方は、まず症状にあった医療機関を受診することをおすすめします。

 (日本経済新聞 3月16日)

3月15日 新薬で症状改善に期待!

視野がゆがんだり欠けたりして、失明の可能性もある“加齢黄斑変性”。
現在、一般的な治療では坑VEGFという新薬が効果を上げています。

<原因は?>
網膜の下にある色素上皮という細胞に不必要な血管が生え、網膜が押し上げられることで、目の奥に異常な膨らみができます。
それが、視力低下や物がゆがんで見える原因です。さらに症状が進行すると、網膜そのものもダメージを受け、視野が欠けるなどの症状が現れます。

<治療法は?>
麻酔をし、坑VEGF薬を眼球の内側に注射することで、不要な血管が増えるのを防ぎます。程度によっては、膨らみの部分もレーザーで取り除くこともあります。
坑VEGF薬による治療は、進行が止まるだけでなく、病気によって低下した視力が回復する例も多くみられ、革命的なものと考えられています。
しかし治療には、入院や毎月の通院、年に数回の注射が必要で、注射1回分が17万円程するなど、保険を適用しても高額な費用がかかるという面もあります。

<早期発見のために>
治療による効果が上がった理由の一つに、検査装置の進歩があげられます。
その装置は、光干渉断層計(OCT)と呼ばれ、網膜の様子を数マイクロメートルの解像度で見ることができます。自覚症状のない段階でも、異常な血管が生えていないか、網膜層が膨らみ始めていないかが分かります。
網膜が深刻なダメージを受けてしまってからでは、坑VEGF薬も効果はありません。
目が見えにくくなったら、老化によるものと自己判断せずに一度検査を受けることを
お勧めします。

また、近年ではiPS細胞(人工多能性幹細胞)による初の臨床研究が注目を集め、将来的に再生治療が効果をあげることも期待されていますが、一般的に導入するには20年はかかると言われています。
iPSの臨床研究を計画している先端医療センター病院は「治療を中断して来ることは絶対にしないように」と警告しています。

(朝日新聞 3月12日)

3月9日 「同病相励ます」、今を充実させるために

以前ご紹介した、東京・品川の日本網膜色素変性症協会(JRPS)。
ここでは2ヶ月に一度、会報発送作業が行われてます。
2月下旬にも、30人程が集まり会報2750冊、CD530枚の発送作業が行われました。会報を封筒に入れ、住所のシールを貼るまでをグループに分かれた会員が分担して行います。

1時間半ほどの作業が終了した後は、1分間スピーチが恒例となっています。
趣味の俳句を披露したり、視覚障害者のダンス教室やボランティアの体験など、会員の方の活動的な姿が垣間見えます。

JRPS事務局長を務める伊藤一生さんは、「活動を通して治療法の確立につなげ、患者のQOL改善に役立てたい」と医師同士、患者同士、医師と患者の連携を密にすることに熱心に取り組んでいます。
また、多くの会員と接して病気と向き合い、充実した生活を得るためにホームページや電話相談にも力を入れているそうです。

(日本経済新聞 3月9日)

3月8日 カラーコンタクトで目に障害

瞳を大きく見せたり色を変えたりするカラーコンタクトを使用し、目に障害を負った事例が昨年7~9月までで395人に上ったとの調査結果が発表された。(日本コンタクトレンズ学会)

症状は、角膜や結膜の炎症がほとんどで、中には角膜潰瘍(かくまくかいよう)などの重いものも報告されている。患者のほとんどが女性であり、特に若い女性が多かった。
全体の80%は買う前に眼科受診をせず、通販や雑貨店、大型ディスカウントショップで購入した人も。また、30%は一か月を超えて使用していた。
レンズが酸素を透過しにくい素材でできたものを使用したり、レンズの色素が漏れて障害が起きたと考えられている。

コンタクトレンズは医療機器。買う際は必ず眼科医に相談し、安全な使用を。

2月27日 暗闇で光が見える??“光視症”

<光視症(こうししょう)とは?>
実際に光はないのに、目を閉じたとき・暗闇などで光が点滅するように感じる症状のこと。

<原因は?>
眼球の大部分を占める、硝子体の老化が一番多い原因です。ゼリー状の硝子体が年齢と共に収縮し、網膜が引っ張られて電気信号が発生した結果、光として感じるのです。この場合、網膜に異常がなければ普通は徐々に光を感じなくなり、一週間~十日ぐらいで治ります。

<こんな可能性も…>
よく似た症状で、網膜に穴や裂けたところが見つかる場合も。この場合、「進行する」と判断されればレーザー治療を行い、その後も定期的な眼底検査が必要になります。網膜剥離となれば、手術が必要です。

高齢者、強度近視、頭部に衝撃を受けるスポーツ・仕事の経験がある人で、光視症や飛蚊症のある人は、特に注意が必要です。
症状を自覚したら自己判断で放置せず、すぐに眼科を受診しましょう。

(中日新聞 2月26日)

2月25日 老眼鏡選びはライフスタイルに合わせて

<こんな症状はありませんか?>
◆   パソコンや携帯電話の小さい文字が見にくい
◆   手元の作業を続けると、肩がこったり、頭痛がする
◆   本や新聞は、目から少し離すと読みやすい
◆   本や新聞を読んでいると、目がしょぼしょぼする

当てはまる場合は、遠くは見えても近くが見にくくなる「老眼」かもしれません。
目は水晶体の厚みを変えることでピント合わせをしています。その調整がうまくいかなくなるのが「老眼」です。
一般的に40歳を過ぎるころから症状が出ることが多いと言われています。

<まずは眼科の受診を>
近視の人も、眼鏡を外さなければ近くが見えにくいようであれば、老眼が始まっているかもしれません。また、このような症状の原因に、白内障や緑内障といった目の病気が潜んでいる可能性もあります。
早めに眼科を受診されることをお勧めします。

<「何を見たいか」を具体的に>
最近では、手元から3~5mが見え、テレビやパソコンを使用する際もかけはずしの煩わしさがない、「室内用中近レンズ」や、ゴルフや釣りなどの遠方と手元を交互に見ることが多い場合に便利な「二重焦点レンズ」など、生活スタイルに応じた多様なレンズが販売されています。
老眼鏡を買うときは「どのような時に見づらくて困っているか」、具体的に伝えることが大切です。

(朝日新聞 2月23日)

2月19日 読書家の味方、電子書籍

眼の病気や老化によって、普通の小説などが読みづらいと感じ、読書を諦めている方も少なくないのではないでしょうか。
近年普及してきた、電子書籍であれば画面に触れるだけで大きな字を表示することができることはご存じでしょうか。

現在、このようなタブレットは4社から販売されており、パソコンやインターネットと接続して映像も音楽も楽しめる多機能型と、電子書籍が読める機能をメインにした“単体型があり、種類も豊富です。
中には、反射が抑えてあるものやバックライトがついている機種もあり、シニア世代にも人気なのだそう。

諦めかけていた読書の楽しみが、電子書籍によって復活するかもしれませんね。

(日本経済新聞 2月16日)

2月19日 疲れ目の原因を知って、正しい対策を

これまで、日常生活で「近くを見る」のは、新聞や本を読んだり、字を書いたりすることが中心でした。近年はそれに加え、パソコンやスマートフォンなど様々な端末を見る機会が増え、目の焦点を合わせる距離が複雑になってきています。
これが、疲れ目の原因になっているのです。

<疲れ目の仕組み>
ものを見るとき、主に2つの筋肉を使って目の焦点を合わせています。
ピントを合わせるために、レンズの役割をしている水晶体の厚さを調整しているのが「毛様体筋」、見る対象に眼球を向ける役割をするのが「外眼筋」です。
これらの筋肉に負担がかかることが、疲れ目につながります。

<目の筋肉をほぐしてみましょう>
同じ姿勢を続けて肩が凝るように、眼も同じ場所を見続けると筋肉が固まってしまいます。パソコンやスマートフォンの画面から目を離し、遠くと近くを交互に見たり、視線を上下左右に動かすなどして、ストレッチを行うことが大切です。

<ひどい時は、視力の確認を!>
自分ではメガネなしで文字が読めていても、目が無理にピントを合わせていることがあります。まず視力を確認し、距離に合わせて眼鏡を使用することも疲れ目対策の一つです。
“眼鏡をかけると視力が落ちる”と考え、我慢してしまう人も多いようですが、正しく調整された眼鏡であれば悪くなることはありません。

<老眼鏡は用途に合わせて>
これまでの老眼鏡というと、本や新聞を読む時の距離にピントを合わせたものが主流でしたが、これだとパソコンを見るには焦点が合いません。
そこで最近では、「近々タイプ」と呼ばれる眼鏡を使用する人も増えています。
通常の老眼鏡が30~40cmの距離に合わせてあるのに対し、このタイプは1m先から手元までが見える老眼鏡です。用途に合わない老眼鏡の使用は、疲れ目だけでなく、肩こりなどの原因になることも。眼科等で用途を伝えて選ぶことが大切です。

(日本経済新聞 2月16日)

2月18日 仲間に出会い、積極的に生きる

網膜の機能低下によって、視野が狭くなったり、視力が低下する網膜色素変性症。
この病気と向き合う人を支える日本網膜色素変性症協会(略称JRPS)についてご紹介します。

東京の品川区に本部があるこの協会は、「クオリティー・オブ・ライフ(生活の質=QOL)の確立」を目的にしており、目が悪くても自立して前向きに、自分らしく生きることをサポートしようと立ち上がりました。病気のことを分かりやすく解説した資料や漫画、拡大読書器をはじめとする生活支援機器も置いてあります。

 ここには、網膜色素変性症の症状が進んだ人が多く所属していますが、元気で積極的な人ばかりです。
20年前にこの病気が分かり、さらにその後がんであることも発覚した監事の小林正志さん(64)。病気のために、経営していた工場をたたまざるおえなくなりました。
しかし、JRPSに関わったことで 「人の輪の中にいるのがうれしい。少しでも人の役に立てるならもっとうれしい」と、現在では近くの小学校で将棋を教え、長年愛好する硬式テニスのコートにも立つほどです。
「仲間は全国にいるので心強い。毎日が充実しています」と話すのは、会長の金井国利さん(67)。携帯電話の音声ガイドと白杖(はくじょう)を頼りに、全国各地の支部にも出かけることもしばしば。

現在35の支部があり、会員が約4000人のJRPSは、1994年5月に発足しました。
JRPSが掲げるもう一つのモットー、「治療法の確立」。
網膜色素変性症は、原因が特定できず治療法も確立していない病気です。この現状で、研究などに懸命に取り組む医師たちを支援するため、JRPSは「もうまく基金」と呼ぶNPO法人を立ち上げ、支援者から寄付金を集めています。

網膜色素変性症という病気自体、現在でも認知度はさほど高くありませんが、JRPSはこの病気があまり知られていない頃から、地道な活動を続けてきた頼もしい応援団なのです。

 (日本経済新聞 2月9日)

2月15日 文楽に励まされ、病気と闘う

今年初め、大阪・日本橋の国立文楽劇場で文楽初春公演が開かれた。
幕開けの演目で浄瑠璃を語るのは、88歳の人間国宝、竹本住大夫さん。軽い脳梗塞で入院した後、療養とリハビリを経ての復帰公演となるが、高い声が良く伸びて快調だ。
住大夫さんにとって8ヶ月ぶりのこの公演に、東京から駆けつけたのは、日経新聞編集委員の中沢氏。

8年程前、中沢氏が文楽に出会った48歳ちょうどそのとき、網膜色素変性症を患っていることがわかったという。
網膜色素変性症…眼のフィルムの役割をする網膜の機能が少しづつ低下していく病気。4千人に1人の難病といわれている。

初めは自覚症状がなく舞台も良く見えたが、人形の細かい動きが見えにくくなり、今では最前列をとるようになった。現在56歳の中沢氏の視野は健常者の3分の1、視力は裸眼で0.1を下回る。「読む・見る」から「聞く」に趣味が変わりつつあり、名人の浄瑠璃はCDで楽しむ。住大夫さんの口癖である「文楽は聴くもんだ」がわかりつつあるという。

そんな住大夫さんの楽屋では、若い太夫への怒声が響く。米寿とは思えないほどの迫力だ。眼の病気で消極的になりがちな中沢氏は、そんな住大夫さんの気力に励まされ、

「両目を開いて、前向きに」と明るく今を生きようとしている。

 (日本経済新聞 2月2日)

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2021年1月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る