4月6日山から花粉症の憂うつを克服

立山連邦を望む富山県森林研究所の温室で、新しい品種の開発に成功した。
それは、「無花粉のスギ」。早ければ来年の春、年間1万本リリースできるかもしれない。

森林・林業白書によると、国土の7割ほどを占めるのが森林である。
その4割が人工林で、さらにその7割がスギなのだという。

花粉を出すスギの木を伐採しようにしても、国産材の価格低迷や担い手の高齢化に
圧迫されてやむなく放置するしかない現状である。

これをふまえ、東京農業大学教授の宮林成幸氏は「森づくり」を提唱している。
氏によれば、森の中で①森林を天然のままに残す場所 ②林業に利用する場所
③地域住民と共存する‥という3つのゾーンに分けて森を管理する方法だという。

この方法ならば、長期ではあるが確実に根本的なところから花粉を見直すきっかけになるだろう。

4月6日日経夕刊より

4月5日進化していく、花粉の情報源

「出勤前に、花粉の飛散予報を見てマスクやティッシュを準備する」
「洗濯物を外に干すかどうか、外出するかどうかは花粉しだい」

――今や、花粉症の患者にとって、花粉情報は生活リズムのカギを握っていると言ってもいい。

NPO法人「花粉情報協会」事務局長の佐橋紀男氏によれば、
「飛散量を決めるのは、スギの花芽が最も発生する7月中旬から1カ月の気温と日照量」とのこと。

前年の春に花粉が少なく、夏が猛暑であったなら翌年春は花粉が大量発生するらしい。
データによれば、今年の春もこの説に基づき、花粉の飛散量が増えているようだ。

さて、この花粉の計測方法は一体どんなものか。

一番ポピュラーなものは、「ダーラム法」といわれるもの。
ワセリンを塗ったスライドガラスに付着した花粉の量を顕微鏡で数えて測るらしい。

近年はそれに加え、リアルタイムに計測できる自動測定装置が普及。
環境省は毎時間ごとの花粉の飛散量や飛散方向をホームページで発信している。
(※愛称を、”はなこさん”というらしい)
このホームページの閲覧回数は、2010年では1250万件に及んでいるという。

このほかにも、日本気象協会のホームページや携帯サイト、JR東日本の液晶情報など、
生活のあらゆるところで花粉の情報がタイムリーに手に入れられるようになってきている。

東京都の「とうきょう花粉ネット」では登録者が指定した地域の花粉情報が決まった時間帯に
携帯電話に送られてくるサービスを行なっているらしい。

ITを取り込み、花粉情報はますます進化していくことだろう。

4月6日 日経夕刊より

4月4日「杉の少ない南の島へ」

花粉症に悩まされている人々の中には、沖縄や鹿児島県、北海道などスギ花粉の少ない土地でこの季節を過ごす人がいるそうです。目立ち始めたのは00年代ごろから。リピーターになる人も多いそうです。

スギ花粉飛散の環境から抜け出して、沖縄で過ごす人は、「症状が出ず快適」とのこと。
なかには、一時的にとどまらず沖縄に移住する人もいるそうです。
『この季節は地獄だったし、一生薬を飲み続けるのはいや』、と沖縄に移った人の話によれば、
移住してからはピタリと症状がなくなったとのこと。

沖縄県宮古島市と同県観光協会は、
今年2~4月に「スギ花粉症者を対象とした宮古島ツアー」を展開しています。

季節ごとに都会と地方を往復する「二地域居住」を支援する国土交通省の調査(10年度13000人回答)によると、二地域居住を希望する人は40%いたが、実際に実行している人は5%だそうです。

実際に実行できる人はうらやましいです。私(院長)も花粉症デビューし悩まされてはいますが、沖縄移住は今すぐは実行困難。きちんと内服点眼マスクでもう少しの期間乗り切りたいと思います。

4月4日日経夕刊より

3月8日「花粉症が完治する!?」

花粉症に悩むみなさま、朗報です!

数年後には公的保険で受けられるかもしれない治療法があるんです!

日本医科大耳鼻咽喉科の大久保公裕教授らが取り組んでいる≪舌下免疫療法≫という聞きなれない治療法なのですが、2006年にこの治療法を受けた方が翌年から症状が軽くなり、昨年はほとんど症状がでなかったというのです!

現在、唯一花粉症の治癒が期待できる治療法に『減感作療法』というものがあります。この治療法は低濃度の花粉エキスを少量ずつ皮下注射し、濃度を徐々に高めていくことで免疫機能を花粉に慣れさせていくという方法です。

しかし、この治療法だと週に1・2回のペースで2・3年間注射する必要があるなど患者さんに大きく負担がかかります。

ですが、大久保教授らの取り組む治療法は、花粉エキスを浸したパンを口に含み粘膜から吸収させるという方法なんです。この方法だと、痛みや副作用が少ないうえに、自宅で行えるという利点があります。

これまでの研究で、患者さんの8割に効果があり、そのうち2割近くの方が薬なしで花粉症シーズンを送れるようになったそうです。

さらに、理化学研究所ではスギ花粉症予防ワクチンの実用化研究に乗り出しているそうです。
スギ花粉の2種類の主要抗原を遺伝子工学的手法で合成して、ポリエチレングリコールを結合させて、安全で優れたアレルギー抑制効果を動物実験で確認しています。

このように、日々、研究が進められています。そう遠くない将来、花粉症で悩むひとはいなくなるのかもしれませんね!

3月8日日経新聞

3月7日「自己防衛」~花粉症~

花粉症の時期はマスクをした人が増えますね。

日本医科大耳鼻咽喉科の大久保公祐教授らが鼻の粘膜につく花粉の数を調べたところ、

        マスクをしない場合:1848個
        普通のマスク着用 : 537個
        花粉症用マスク  : 304個     という結果が出ました!

また、眼鏡を使用した場合の目の粘膜の花粉の数では、普通の眼鏡で約6割、
花粉症用の眼鏡では約3分の1に減らす効果が確認できたそうです。

さらに04年に富山県で1314人に対して行われた調査では、花粉症の発症はストレスやインスタント食品の
摂取、ペットの飼育と相関していることがわかりました。

花粉症は初期療法と自己防衛!この時期は以下に上げる項目を実行し、
偏食を減らし生活習慣を乱さないように過ごすことがコツですね!

①花粉か飛ぶ2週間前から薬を飲み始める。
②外出時はマスク・眼鏡をして帽子をかぶる。
③服装は花粉の付きにくい綿や化学繊維のものを選ぶ。
④帰宅したらうがいをして、眼・鼻・顔も洗う。
⑤花粉が多く飛ぶ日は窓を閉め、布団・洗濯物は外に干さない。
⑥室内の加湿。

今日から実践して、花粉症のつらいこの時期を乗り切りましょう!

3月7日日経新聞

3月4日「疲れ目ケアに使うアイスティック」

眼がしらなどを押して目の疲れを取るグッズ「アイスティック」をご紹介します。

アイスティックは親指とひとさし指で指圧する感覚で、両方の目頭を同時に押して、コリをほぐすもの。

手の平サイズのトングの様な形で、オフィスで使っていても、あまり目立たないそうです。
――でも、使っている人を見たら気になって見てしまいそうですが‥ (当院院長コメント)。

ネイルにこだわる昨今のOLたちにとって、自分の指でマッサージするのが難しいため重宝しそう。
眼球を押したり、あまり強く長く押しすぎないよう注意してくださいね。

「アイスティック」」AKAISHI(静岡市)。東急ハンズで840円。   
3月4日中日朝刊

3月2日「視神経の再生成功」~マウス実験~

大阪大学、東北大学で行われた実験です。
視神経が損傷しているマウスに、SHP(※)の働きを抑える化合物を与えました。

※視神経の再生を抑制する物質が、視神経細胞と結合した時に集まる酵素のこと。

――すると、2週間で視神経の再生が進んだのです!
   さらに、神経の再生を促す物質の動きも高まっていたとのこと。

研究チームは、SHPの働きを抑えれば、再生を抑制する物質の影響を逃れて再生を促せることが確認できたとみています。      

3月2日日経夕刊

3月1日「早めの治療で、楽に過ごす」~花粉症~

市販薬は手軽で人気ですが、注意が必要です。
それは、長く使っていると、薬の効果が得られる期間が短くなるということ。

効き目があまり感じられないと思ったら、早めに受診することをお勧めします。
そのまま放置すると、重症化するケースも少なくありません。
市販薬をある程度使って効果が得られなければ、受診した方が良いです
            ――(ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック永倉院長)。

また、花粉症が重症化すると、気道粘膜が腫れて呼吸困難を起こしたり、
目の粘膜の異常からコンタクトレンズがはずれなくなったり、花粉による皮膚炎も起こり得るとのこと。

アレルギー疾患は一端症状が強くなると体が過敏になり、治療に時間がかかる上、強い薬も必要となります。
スギ花粉症を放置するうちに、イネ科(カモガヤなど)やキク科(ブタクサなど)の花粉にも敏感に反応する
「多重花粉症」を引き起こしかねません  ――(アレジオ銀座クリニック呉院長)。

3月2日現在名古屋は昨日までのお天気と打って変わり快晴。いよいよ花粉全開と思われます。
他の病気もそうですが、おかしいな?と思ったら病院へ。早期発見早期治療が功を奏します。早めの受診を。
                           ――(※当院院長コメント)

2月24日「視覚が低下すると、触覚が向上!?」

失明すると、触覚などの能力が高くなる!
 ――という仕組みを、横浜市立大学の研究チームが発表しました。

米科学誌ニューロンによると、それはラットの実験により明らかになったとのこと。

研究では、瞼を開かないようにしたラットは、周囲の状況を知るためにひげを駆使した。
その結果、視覚の代わりにひげでモノを触る感覚が強くなったらしい。
(※神経情報伝達を担うセロトニン物質が増加したため)

人も同様の可能性があります。
目が見えない人は他に比べて、聞こえにくい小さな音も敏感にキャッチするケースが多々見られます。

日々の診療の中でも、
かなり視力が弱い患者さんが視覚以外の神経を研ぎ澄まして生活しておられるのを目の当たりにします。
ある機能が完全でなくても他の部分でそれを補える、という生体の強さを感じます。(※公センセのコメント)

(日本経済新聞2月24日夕刊より)

2月23日「スキあり!花粉対策の落とし穴」

花粉が飛び始めましたね。

鼻うがいや洗眼が効果的といわれていますが、それぞれに注意していただきたいことがあります。

1・鼻うがいの場合、水道水は粘膜を刺激してしまいます。
→→◎生理食塩水(500mlの水に対し、塩小さじ1杯)を体温程度に温めて使用するとよいです。

2・洗眼も有効ですが、塩素や真水は目を傷つけやすいので注意してください。
これは、目を保護する涙を洗い流してしまうことで、無防備な状態になってしまうためです。
傷からバイ菌が入ったりすると、病気になってしまうので二重・三重のリスクに‥
→→◎洗眼の場合は、防腐剤なしの人工涙液がお勧めです!(※公センセのコメント)

次に、家で花粉を吸い込む量を減らすための効果的な掃除のコツは――

掃除する時間は、朝か帰宅時がお勧め(※花粉がまだ舞いあがっていない)

モップやワイパーなど乾いた布でから拭き→掃除機→軽く水拭きが効果的です。

上着は家に入る時に払い、玄関にかけるなど花粉を家に持ち込まない工夫もしてくださいね。

(日本経済新聞2011.2.23朝刊より)

27 / 28« 先頭...1020...2425262728
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る