6月7日 高齢者の運転とリスクと健康の続き

高齢者の運転能力や技術は、安全運転支援装置付きのサポートカーや適切なトレーニングを受けることで向上することが明らかになっている。

特に実車によるトレーニングは効果が高い。

国立長寿医療研究センターが軽度認知障害の高齢ドライバーを対象とした「運転寿命延伸プロジェクト」の実証実験を行った。

講習を含めた運転技能向上プログラムを3ヶ月受けた人と、受けない人に分けて比較した。

受けなかったグループは実験前とほぼ変わらず、実験後の1年後に追跡調査したところ、受講者は点数が下がったものの、以前のレベルに戻ることはなく、トレーニング効果が持続することも明らかになった。

運転方を指導する中、高齢者の運転ミスの特徴が見えてきた。

  • ペダルの踏み間違い

体の柔軟性の低下で自然にできた姿勢が難しくなることが一因。

対策としてはブレーキペダルを意識し、足を乗せておく。

  • 無理な右折

判断能力の低下が原因。

対策としては右折に必要な時間や対向車の速度・距離を認識する。

  • 左折時の大回りによる巻き込み事故

視野の狭さや体の硬さから安全確認時の首振りも不十分で気が付きにくいのが一因。

対策としては必要な首振りの角度を理解すること。

中日新聞2024/6/6

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

先頭に戻る