4月6日 iPS角膜細胞は安全

大阪大眼科チームは、iPS細胞から作成したシート状の角膜組織を、ほぼ目の見えない角膜上皮幹細胞疲弊症の患者4人に移植する世界初の臨床研究が完了し、拒絶反応やがん化と言った問題は起こらず、安全性を確認したと発表した。

全員症状が改善し、うち3人は矯正視力が向上。0.15から0.7まで改善した人もいた。

3~4年後の実用化を目指し、次のステップとなる知見を2023年にも実施する。

2022.4.5 中日新聞

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • アーカイブ

先頭に戻る