10月17日 強度近視の注意点Q&A

Q:強度近視とは?

A:眼球の前後方向の長さ(眼軸長)は、成人の平均が約24ミリですが、27ミリ以上に伸びていて、光が網膜の上で像を結ばない状態です。

目安としては、指を目の前11センチまで持ってこないとはっきり見えない程度です。

 

Q:原因は?

A:遺伝的背景が大きいと考えられていますが、はっきりとはわかっていません。

 

Q:目の病気になりやすい?

A:眼軸長が長くなることで網膜が引っ張られ、網膜剝離・黄斑部(網膜の中心部)に合併症や出血が起きることがあります。

最も注意が必要なのは緑内障で、強度近視の人の発症率は3倍以上高いというデータがあります。初期の頃は自覚症状が乏しく、自覚した頃には視野がかなり欠けてしまっているケースが多いです。

 

Q:気をつけることは?

A:症状がなかったとしても、年に1度は眼科で検査を受けましょう。

強度近視の人は眼球が弱く、少しの圧力で眼底出血を起こすこともありますから、強くこすったり、ぶつけたりなどの衝撃を与えないようにも気をつけましょう。

 

                             (10月11日 朝日新聞)

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る