7月7日 今年も「はやり目」に注意!

はやり目とは流行性角結膜炎のことで、アデノウイルスによって起きる感染症です。

感染力が強く、昔から「はやり目」と呼ばれています。

潜伏期間は1週間~10日で、症状は目の充血や痛みなど。はじめは片目で、その後反対の目にも症状が出ることがあります。

 

★診断方法は?

診断には、ウイルスの有無を調べるキットを使います。

はやり目と診断されたら、感染力がなくなるまで会社への出勤や学校への登校は停止です。

 

★治療法は?

ウイルスに対する特効薬はなく、細菌による二次感染を抑える抗菌剤や、炎症を抑える目薬使った対症療法となります。

2週間前後で症状が改善することがほとんどですが、炎症が強い場合黒目の表面に濁りが残ることがあります。

 

★予防・対策は?

目を触った手であちこちを触ると、感染が広がるので注意しましょう。

予防には手洗いが大切です。

家族で感染者がでたら、タオルを分けたり、お風呂は感染者が最後にはいったりするなどの対策を。

 

夏に流行することが多いはやり目。これから十分注意してくださいね。

(7月14日 中日新聞)

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

先頭に戻る