7月27日 コロナ対策戸惑う視覚障害者

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、 できるだけ接触を避ける生活様式が広がる中、 視覚障害者から(社会的距離)の確保やマスクの着用などで、視覚以外の感覚に頼りにくくなっている。

 

当事者らは「触らないとわからない人もいることを知って」と理解と支援を求めている。

・レジ前の間隔を空ける為の目印のテープがわからない

・目に近づけないと商品が見えない

・ガイドへルパーを依頼したいが感染対策で遠慮した

など日常生活で不便を感じている。

 

困っている視覚障害者を見かけたらどんな支援ができるのか。

立ち止まったときに声を掛ける・案内するときは肘の上や肩に手を置いてもらう・白杖や腕を引っ張らない・具体的な状況を説明する・立ち去るときは一声か ける・マスクをし感染予防対策をする

 

相手に尋ね、対応する。ちょっとした工夫で見えやすくなる人も多い。

7月24日 中日新聞

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2020年8月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • アーカイブ

先頭に戻る