4月6日 甘く考えないで!花粉症と運転

車のドライバーにとって、花粉症は重大な事故を引き起こしかねない問題です。

実際昨年の愛媛県今治市では、50代の男性がくしゃみ等の症状で追突事故を起こし、3人が死傷。有罪判決を受けました。

くしゃみの衝撃でハンドル操作を誤る危険性は十分にあります。

1回のくしゃみで0.5秒間目をつぶっているとすれば、時速60㌔走行の場合その間8㍍も進んでいることに…。

花粉症の薬を飲んでいるなら、副作用への注意も必要です。

 

正常な運転が出来ない状態で事故を起こせば、重大な責任を問われることになりかねません。次のことに注意して、安全な運転を!

 

*症状がひどい時は運転をしない。

*車間距離は広めに。

*速度を抑えて。

*空調は外気から花粉が入らない設定に。

*薬は医師に相談し、副作用の少ないものを。

 

(※ 公センセの部屋で類似のテーマがアップされました。公センセの部屋はコチラ)

↓ ↓ ↓

http://www.ko-clinic.net/dr_room/?p=3698

 

(4月5日 日経新聞)

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アーカイブ

先頭に戻る