3月20日 花粉症って、風邪とは違うの?

花粉症は「アレルギー」の一種です。

外から来た花粉を体が追い出そうとして、抗体というたんぱく質を作り、体内でヒスタミンなどの化学物質がでます。

この化学物質がくしゃみや鼻水、目のかゆみなどを引き起こします。

 

花粉症の薬は、抗体によって出てくる化学物質の働きをじゃまして、症状をおさえています。

症状は軽くなりますが、残念ながら完全には治りません。

マスクをつけたり、メガネをかけたりして、花粉が鼻や目になるべく入らないようにする事が大事です。

また、体調管理のためにバランスのいい食事を取り、よく寝て、規則正しい生活を送る事も大切です。

 

(3月10日 日本経済新聞)

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

先頭に戻る