2018.1.16 精米プラスα

食欲旺盛な男性が多い我が家。

主食はもちろんお米です。

ある日、身体にいいからと、玄米を購入。

カフェなどでは、玄米ごはんがお洒落なメニューになっているくらいです。

自分も、玄米には抵抗がないので、全面玄米ご飯にしようとしたところ…

『え~玄米!? 飯は白米やろ~! 白米食わせてくれ~』

たくさん炊いた玄米は、何食かに分けて一人で食べることに。

 

いつもは精米済の白米を買っていたので、初めて精米機を利用することになりました。

近所に、コイン精米機発見。

100円、200円で好みの搗き具合に精米してくれます。

夜間に行くので、家人と二人での作業。

コインを入れて、精米具合を決める係(私)

玄米を投入し、精米されたお米を袋に入れる係(家人)

袋から飛び出すお米が多いので、バケツで受けておきます。

ぬくぬくのお米を抱きしめて車に乗る係(私)

以来、精米に味を占め、玄米で買うことになりました。

 

年末に精米する予定が、お正月休みの貼り紙。

メンテナンスもしっかりされているのだと感心。

 

精米機あったらな~

知人は、マイ精米機を持っていて、自分用(玄米)・家族用(白米)と分けているそう。

うらやましい。

ネットで検索。

昔実家にあった精米機(かなり大きい)とは違って、コンパクトで手頃な値段。

少量づつ家で精米。

何だか楽しそう。

しかし、購入者のレビューを色々読んでいくと…

糠漬け愛好家には好評ですが、糠の始末が面倒らしいのです。

ハードル高そう…

 

年明け早々の営業日を待って、コイン精米へ。

いつもの通りの手順を踏んで、ふと1メートル先を見ると…

スズメの群れが。

精米機からこぼれ落ちる米粒をめがけて、やってきたようです。

スズメの方に一粒投げると、ワーッと寄ってきます。

次々投げるたびに、スズメが我先にと、米粒をくわえに来ます。

いい大人二人が、しゃがみこみ、夢中で、スズメにエサやり。

お天気のよい暖かな昼間だと、こんなお楽しみ(プラスα)も付いてくる!?

 

次回もスズメに会えることを楽しみに、精米通いは続きます。

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事
先頭に戻る