2017.9.26 女医会

年に一度、緑区女性医師の懇親会が開かれます。

 

お洒落してお出かけというのは、あまりないので、こういう時は気合が入ります(私だけ?)

何着ていこう?と悩んだ挙句、『せっかくだから』の口実で、一目惚れしたワインレッドのワンピースをゲット。

 

当日は、早めにデパートの化粧品コーナーに立ち寄り、ファンデーションを買うついでに化粧直しをしてもらいます。

今秋流行りの口紅は、濃いめの赤。

『女性らしいお色目ですよ。お肌が透き通って見えますし、お顔映りもいいですよ』

『赤にオレンジが入っているので、軽やかです』

唇に引いてもらうと、いいかも。

その気になって、『これもいただきます』

というわけで、装い・化粧ともよそ行き仕立てで、会場にGO。

 

『緑区医師会で予約しています』

係の男性が『お待ちしておりました。ご案内いたします』に続き

『素敵なお洋服ですね。大変お似合いでいらっしゃいますよ』

やった~(何が?)

お世辞だとしても嬉しい。

 

さて、会長の挨拶で会が始まります。

アラフィフから70歳オーバーまで。

一人3分の近況報告ということで、仕事の悩みや家事育児(ほぼ終了)介護との両立、楽しみや趣味など。

各々が『うん、うん、わかる~そうだよね~』とうなずいたり、質問をするので、自然に、一人当たりの時間が長くなります。

女性医師同士の安心感からか、男性医師がいたら(会長は男性ですが)話題にならないような、日々細々としたことが話のタネに。

『男性にとってどうでもいいことでも、女性にとっては大変な問題よね~同等の仕事しているのに』本音もチラリ。

 

おしゃべりのスピードに合わせて、料理が出てくるので、時間を忘れてしまいます。

最後の水菓子が出て、『そろそろ』と、閉会の辞。

約3時間。

未だ年少に属する自分は、いつも先輩女医さんたちの言葉に励まされたり、参考にさせてもらったり。

 

いい気分で帰宅して…

『この口紅どう?』

『いつもより赤いね~』と家人。

『今年の秋の流行り』

『いいんじゃない』

『でしょう?』

 

『オバQの唇みたい』と息子。

『唇がすごく目立っとる』

母の心、推し測れないの~!?

その言葉無視して、トレンドを身につけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

先頭に戻る