2018.4.17 前視野緑内障

日本人の中途失明の原因第1位の緑内障。

眼圧によって神経が圧迫・障害され、視野が欠けていく病気です。

日本人では、眼圧が正常範囲内でも、視神経が障害を受け、発症する『正常眼圧緑内障』が主を占めています。

(一般には正常の圧でも、その人にとっては高いので障害を受ける)

疫学調査では、40歳以上で約20人に1人が緑内障であることが分かりました(2004年)。

 

緑内障分野の検査技術の進歩は著しく、最近は『前視野緑内障』という概念も出てきました。

 

『視野の前の緑内障?』

眼圧で視神経が圧迫され傷つくと、視神経につながる網膜(目の底)神経線維の厚みも薄くなります。

この時点で、視野検査で異常が出ていない状態が『前視野緑内障』です。

視野に出る前の(いわゆる)緑内障の前兆。

そのまま、神経の障害が進行すると、視野が欠け、緑内障となります。

 

人間ドッグで緑内障の疑いを指摘され来院される場合もあれば、普段の診療で(例えば、結膜炎とかコンタクトレンズ処方とか)検査して発見されることもあります。

網膜の神経の厚みを測る光干渉断層計(OCT)、視野計など検査機器の普及・精度アップにより、早い段階の状態をつかむことが出来るようになりました。

 

『必ず緑内障になるの?』

と聞かれれば『NO』です。

眼圧、家族歴、年齢、視神経の状態などを考慮して、すぐに緑内障に準じた治療(点眼薬)をするか、経過観察にするかを決めます。

定期的な眼圧や視野のチェックをしながら、経過をみていきます。

変化があるかないかを、きちんと見ていくことが大事です。

患者さんにとっては、まったく自覚症状もないのですが、きちんと通院することで、緑内障に移行したとしても、治療効果は高いです。

 

緑内障は中途失明率の高い病気ではありますが、『緑内障=失明』ではありません。

 

二人三脚で患者さんの治療のお手伝いができる、息の長~い眼科医でありたいと思っています。

もう20年以上のお付き合いになる患者さんも。

院長とともに歳を重ねていきましょう。

 

 

 

 

カテゴリー:眼に関すること

2018.4.10 ゴルフと認知症

キャディのアルバイトを始めた息子が驚いたのは、高齢のゴルファーが多いこと。

70歳超えのグループは当たり前。

80歳超えだけでラウンドするメンバーも。

そして、90歳超えのゴルファーも。

皆さん元気。

移動はゆっくり、時にはクラブを杖代わり、時にはキャディが腕を貸すことも。

『おじいちゃん・おばあちゃんやけど、元気で若いわ~

母さんもそうならんといかんで!』

 

先月、国立長寿医療センター(大府市)は、ゴルフが認知機能を向上させるという結果を発表しました。

その概要は…

運動習慣のない65歳以上の男女106人をゴルフ教室と健康教室に振り分け、ゴルフ教室組は半年間、週1回のペースで24回プレーした。

認知機能検査を実施したところ、ゴルフ教室参加者は、単語記憶力が6.8%、物語を聞いて筋書きを思い出す記憶能力が11.8%向上した。

健康教室を受けた人には変化がなかった。

 

認知症予防には、適度な運動・頭を使う活動・人との交流が有効です。

ゴルフは、認知症予防の条件にピッタリ当てはまるそうです。

 

カートがあるにしても、歩き、クラブを振り…と結構運動します。

距離、風向き、グリーンの読みなど、結構考えてプレーします。

また、一人では回れないので、同じグループの人(家族・友人知人・初対面の人)同士の交流(会話のひとつでも)が必要となります。

 

遅まきながら、ゴルフに目覚めた院長。

上達は遅いものの、息子たちと同じ趣味で盛り上がれることが、モチベーション維持の原動力。

『元気にゴルフ出来るうちは、ばーさんになっても一緒にラウンドしてやるから、ボケたらあかんぞ』上から目線の息子。

確かに、息子たちとのラウンドは、デートみたいに張り切ってしまいます。

おばあさんになっても、付き合ってもらわねば。

ある年齢からはスコアも悪くなることが多いので、ある程度上手くなっておかないと。

 

そのためには、一に練習、二に練習。

そして実践(ラウンド)。

 

6月には、コンペが控えています。

4月5月は、『ゴルフ強化月間』

スコアアップと認知症予防の相乗効果を期待して。

宣言して頑張ります!

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事

2018.4.3 くしゃみは怖い

20度を超す陽気。

桜も満開が過ぎ、はらはら散り始めています。

スギ花粉もピーク。

連日花粉予想は『非常に多い』

 

『少し落ち着いていたのに、また痒くなった』

『暖かくなって急に痒くなった』

という患者さんたちが増加。

眼科なので、『アレルギー性結膜炎』の病名がつきますが、ほぼスギ花粉症の一症状。

院内でも『くしゅん』『へ~っ、クション』が聞こえます。

かくいう院長も、スギアレルギーなので、時々患者さんの入室とともに鼻がムズムズすることも。

 

花粉症の症状として、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに、目のかゆみ・目やに・涙目などがあります。

どれも、嫌な症状ではありますが、運転中、一番危険をはらんでいるのは、くしゃみでは?

 

くしゃみは、鼻に入ったほこりやウイルスなどの異物を排出しようとする正常な防衛反応です。

目に何か入ったときに、涙がたくさん出るのも同じ、防衛反応です。

どちらも共通するのは、一瞬、目をつむってしまうこと。

 

花粉の時期、運転中のくしゃみは、かなり多いはず。

くしゃみで目を閉じた瞬間も、車は動いています。

連続すれば数秒間前方を注視していない状態に。

片手ハンドルだと、更に、ハンドル操作を誤る恐れもあります。

大きなくしゃみも、連発くしゃみも予測できないことが多いので厄介です。

実際に、花粉症で運転していた女性が、突然のくしゃみで、ハンドル操作を誤り、死亡事故を起こした事例があります。

 

運転時、車内に花粉を持ち込まないよう、衣服を払って乗り込みましょう。

エアコンは内気循環モードにして、外気を車内に取り込まないこともポイントです。

くしゃみの予測はできませんが、車内の環境には注意を払いたいものです。

 

花粉ピークのある日、家人と車で外出。

くしゃみのたびに、ヒヤッとします。

『運転代わろうか?』

『助手席に座るより、自分で運転した方がまし』

妻が運転する横では、自律神経まで影響を及ぼすそう。

信号待ちの度に鼻をかむ家人。

柔らかティッシュを差し出し、かんだティッシュはレジ袋に入れて…と、けなげな妻役に徹した院長でした。

車内環境整備に努めました!

※後日、日経新聞で類似の内容が掲載されました。目に効くニュースにアップしましたのでご覧ください。

 

4月6日 甘く考えないで!花粉症と運転

4月6日 甘く考えないで!花粉症と運転

4月6日 甘く考えないで!花粉症と運転

4月6日 甘く考えないで!花粉症と運転

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事 眼に関すること

2018.3.27 岐阜へようこそ

『岐阜へ行きませんか?』

日頃お世話になっている知人に声をかけてみました。

『岐阜のどこへ?』

『金華山と長良川ってとこでいかがでしょう?』

『ロープウェー?』

『いや、歩いて登ろうと思うんですけど…』

『え~!本格登山?』

『いや、普通のスニーカーで大丈夫だと思います』

 

お誘いに乗ってくれた健脚の二人を道連れに、いざ岐阜へ。

 

『金華山』は、標高329メートルの山。

頂上には、織田信長の居城だった『岐阜城』があります。

岐阜と言えば『長良川』と『金華山』

岐阜のシンボルであり、原点というべきもの(だと、信じています)。

そこを案内するのだから、名古屋居住歴20年以上でも、『岐阜人』に戻ってしまいます。

 

さて、金華山登山には、10のコースがあります。

一般的なコースは『七曲がりコース』

1900メートル60分が目安の比較的緩やかなコースで、以前、子供たちと登ったときはこちらのコースだったような…(実際は百曲がりでした)。

案内板を見ながら『どこから攻めましょうか?』

『せっかくだから、きついのにトライしてみましょう』と、最年少知人。

『百曲がりコース』

1100メートル40分目安。

ジグザグに蛇行する登山道で眺めが良い、との案内。

 

早速、岐阜城目指して出発!

いやはや、最初から、崖のような岩を登っていくことに。

階段とは違い、高さの違う岩の切り口に、上手く足を乗せ、少しづつ、慎重に進んでいかないといけません。

『キツーイ』

『もう、戻れないよ!』

『何で、このコース選んじゃったんだろ?』

朝は少し冷え込んでいたのに、汗がどんどん吹き出します。

院長、同年代知人、最年少知人の順。

後ろを振り返る余裕もなく、足元だけを見て、無言で登っていきます。

30分ほど登ったところで、木々の合間が開け、眼前に、長良川と岐阜市街が飛び込んできました。

『わ~すご~い!きれい!』

頂上は、もうすぐ。

気合を入れて登頂達成!

 

ロープウェーなら3分で頂上に上がれますが、自力で登った達成感は大きい!

頂上からの眺めを堪能して、下山。

 

帰り道に選んだのは『瞑想の小道』

2300メートル50分。

名前からして、のんびり下れるかと思いきや…

いきなり、岩場の急斜面。

滑って転げ落ちないよう、登りよりも慎重になります。

瞑想どころか妄想さえしている余裕なし。

 

ようやく麓まで下りてきて、改めて『あんな所まで登ったんですね~感激!』の声。

歩数計は6.6キロ、11519歩、階段数100。

 

日帰り温泉プランを予約していたので、身体を酷使した後は、美味しいご飯で『お疲れ様!』

その後、(長良川)温泉でゆったり、まったり。

 

名古屋から、1時間半。

ちょっとした小トリップ。

『岐阜へようこそ』

ぜひ足を延ばしてください。

 

「息子と金華山」もご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事

2018.3.20 まさかの皿洗い

午後の診療が終わって、家に戻ると、すぐに夕食の準備。

働く母&妻は忙しい。

 

食洗機から食器を取り出そうとすると、『あれ?洗えていない』

見ると、F24の表示が。

スイッチを切って、もう一度立ち上げて、スタートボタンを押すも、すぐに停止。

しつこく何回かチャレンジするも、繰り返しF24。

『F24って?何が起こった?』

取扱説明書によると『F24が出た場合、コールセンターへ連絡を』

 

とにもかくにも、朝出た大量の食器とカトラリー、鍋・フライパンを洗わないと次に進めません。

帰宅した家人に、食洗機が壊れた旨を伝え、『洗う人と拭く人、どっちがいい?』

『家人=洗う人、私=拭く人』と役割を決め、洗われた食器は、次々に拭かれ、食器棚へ。

 

診療終わって、こんな大仕事が待っていたとは…

夕食前からぐったり。

 

夕食後、『食洗機が壊れたので、各自洗ってください』

息子たちに通達。

『え~っ!?』

『嘘やろ~』

夫婦は先ほどの分担通り、仕事終了。

息子たちは、各自洗うか、分担するかで話し合い。

『かなわんな~』

 

翌日、代理店に来てもらうと、『人間で言うと、心臓部がやられていますね。修理しても、新品の半額くらいで、かなり時間もかかります』

7年前のリフォーム時に食洗機を入れて、朝夕2回稼働。

1日1回で10~12年の耐久年数なので、十分働いたとのこと。

リフォーム時にずいぶん考えて選んだのは、外国製の60リットル容量。

一度に14人分の食器が洗える量ですが、鍋・フライパンも洗えるということで、大容量に。

『大は小を兼ねる』

果たして…これが大正解!

水の節約(相当!)、労力の節約(これが一番!)、我が家の『無くてはならないもの』になっていました。

 

『新品なら、1~2週間で取り寄せられますよ』

『新しいの、買います!』

背に腹は代えられません。

 

かくして、新しい食洗機が来るまでは、まさかの皿洗い。

『まじかよ』

『実家に帰ってきてまで、皿洗いするなんて』(下宿の息子)

『その間は紙皿にしようよ~』

 

手洗いなので、必然的に、皿数が減ります。

それでも、使った食器は洗わないといけません。

ぶつぶつ言いながらも、洗っている息子たち。

もう、大きいんだから、自分のことは自分でやってよね~

 

食洗機の有り難みを痛感する毎日。

家事労働を大きく軽減させた食洗機は偉大です。

 

新しい食洗機が待ち遠しい。

少しカサカサしてきた手を見ながら、強く思うのでした。

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの家族・恩師・友人など 公センセの日常の出来事

2018.3.13  R-1グランプリ

一人芸(ピン芸人)で誰が一番面白いかを決める大会『R-1グランプリ』

タイトルのRは本来『落語』を意味しているそうですが、今は落語に限らず『とにかく面白い一人芸』ならOKのようです。

 

新喜劇は好きですが、漫談には疎い方。

しかし、『盲目のR-1王者』『ほぼ盲目のR-1勝者』『弱視の芸人R-1日本一』などというニュースの見出しに、職業柄、気になってしまった院長です。

 

王者の濱田祐太郎さんとは、誰?

 

吉本興業所属の28歳の芸人さんです。

視覚特別支援学校を卒業。

吉本総合芸能学院(NSC)35期。

同期は、ゆりやんレトリィバァ。

 

両眼では全く見えないわけではない(左全盲、右明暗のみ判別のよう)ので、眼科的には、盲目ではなく『弱視』になります。

しかし、生活するには、不十分な視力であり、本人も白杖を使って生活、舞台へも立たれています。

 

視力障害の原因は『先天性緑内障』とのこと。

高い眼圧によって眼球が拡大し、流涙や羞明、眼瞼けいれん、角膜(黒目)の濁り、牛眼(黒目が大きくなる)などの症状が現れます。

手術が第1選択です。

適切な治療をしても、視力障害を伴うことが多く、生涯にわたって検査・治療が必要です。

 

患者さんはほとんど赤ちゃんなので、検査・手術は、催眠剤や全身麻酔下で行います。

第1子を産んで、大学病院復帰したときには、そういう小さな患者さんに我が子を重ねて、胸が痛みました。

 

さて、グランプリの漫談動画を見ると…

例えば、冷たいコーヒーが欲しかったのに、自販機で押して出てきたのは、熱いおしるこだった!

この暑いのに~。

でも、意外といけた。

 

駅の階段の数まで教えてくれた親切なおばちゃんが、言われた段数上がったところで『間違えた。あと5段あったわ』

(視覚障碍者の)自分にとって、その誤差は大きいけれど、おばちゃんは『サプライズや』

 

などなど、自分の視覚障害体験を基にした自虐ネタがほとんどです。

 

笑いに引き込まれつつ、眼科医としては『そうよね~』と共感と学びでした。

一般のお客さんからしたら、笑いつつも『(障害を)笑っていいの?』という思いがよぎったり、視覚障害の現実を『そうなんだ』と認識したり、と少々複雑かもしれません。

 

しかし、漫談は間違いなく面白い!

濱田さんが、笑いのバリアフリーを実現してくれることを期待しています。

 

カテゴリー:眼に関すること

2018.3.6 子供の近視

小児眼科学会が名古屋で開催されました。

向上心旺盛な当院の視能訓練士は、2日間にわたり、熱心に聴講してくれました。

 

この学会は、子供の目の病気に特化した内容で講演されます。

専門施設で行われている特殊・高度な医療から、開業医レベルの身近なことまで多岐に渡ります。

 

今回の教育講演のひとつ、『学童の近視をどうするか』

近視が進行すると、黄斑変性や緑内障などの病気を発症するリスクが高まります。

それらのリスクを下げるためには、学童期に、出来るだけ近視進行を抑制することが重要です。

 

屋外活動の増加は、近視抑制効果があることが分かりました。

1日1時間屋外で過ごすと、対象の13%に近視進行抑制効果がありました。

また、近視発症時期を遅らせるのに有効とも言われています。

院長が子供の頃は、毎日外で遊んでいましたから、現在、強度近視ではありますが、そのおかげでいくらかは軽減されているのかもしれません。

(近視は、遺伝が大きく関与します)

 

他に、累進多焦点コンタクトレンズ(コンタクトレンズに段階的に度が色々入っている)や、オルソケラトロジー(ハードコンタクトレンズを着けたまま寝て、日中の近視度を緩和する)も、近視抑制効果は報告されていますが、日本ではまだ近視抑制法として認可はされていません。

さらに、薄い濃度の調節麻痺点眼薬も有効という報告があり、治験中だそうです。

 

よく、保護者の方が、『私も近視だけど、こんなに早くメガネかけなかった』と我が子と比べられます。

屋外活動の減少、屋内遊びの多様性の増加(TVゲーム、スマホ、タブレットなど)が、近視化を早めているには違いないようです。

 

『スマホ内斜視』という言葉も出ました。

1日4時間以上4か月以上スマホを使用すると、内斜視(目が内側に向く)になりやすくなるそうです。

特に目とスマホの距離が20センチ以下では、大きく負荷がかかるので要注意です。

『スマホ育児』がなかった院長の子育ての時代は、まだ良かったのかもしれません。

 

『子供の近視』は、小さい子を持つ親なら関心が高いことと思います。

ネット情報に惑わされず、目の前の主治医にご相談ください。

 

カテゴリー:眼に関すること

2018.2.27 いくつもいるけど

最近、メガネ姿の多い院長です。

 

通常は、遠近両用コンタクトレンズを装用。

 

これは、中年コンタクトレンズユーザーの強い味方です。

 

今までは普通のレンズ(単焦点:度がひとつ)を使っていた患者さん。

『最近、遠くを見てから近くの物を見ると、一瞬ピントが合わなくって』

これは、老眼の始まりです。

 

自覚が一瞬だけで、その後ピント合わせが出来るうちはいいのですが、出来なくなると…

①今まで通りの度数で遠方を見ることを重視して、その上から軽い近用メガネ(老眼鏡)を掛ける

②生活レベルもしくは近方用に度数を落として、その上から軽い遠用メガネ(近視メガネ)を掛ける

以前は、①②の方法しかなかったのですが、ここ数年で

③遠近両用コンタクトレンズ(一枚のレンズにふたつの度が入っている)

が、開発され、品質性能とも向上してきました。

特に、ソフトコンタクトレンズは著しく向上しています。

 

ということで、遠近両用コンタクトレンズ(以下両用レンズ)を、患者さんの年齢、仕事などの背景に合わせて処方すると…

『とってもいいです!これで、お出かけ先でも、メニューをメガネ無しで見えます!』などなど嬉しい反応。

 

しかし万能ではありません。

見ることに貪欲なアラフィフ(院長)には、物足りない場合が多々あります。

 

両用レンズは、日常生活(日常診療も含む)には、支障ありません。

 

なのに、『院長メガネ姿の出番多し』になったのは、往診のため。

往診では、ハンディタイプの顕微鏡を始め、色々な小型機器を持っていきます。

室内の明るさは、様々ですし、機器の目盛りも細かい。

さらに、処置などがあると、遠近レンズどころか、メガネを外して近づいて、裸眼で診察した方が良い場合もあります。

 

診察時にかけているのは、老眼を考慮した、近視用メガネ(弱い遠用)。

両眼で0.8くらいに合わせてあるので、室内での生活は足ります。

 

学会の道中は、しっかり遠くも見えないと困るし、車内で本も読みたいし、で、遠近両用メガネを掛けていきます。

車の運転だけの時は、遠用重視の強めの近視メガネを。

老眼はそれほどでないので、スピードメーターなどを確認する分には支障がありません。

 

老眼に縁のなかった若かりし頃、患者さんの『いくつもメガネが必要だわ~』に、実感がわかなかった院長。

(若い時には、一つのメガネで遠くも近くも万能です)

今なら、わかります。

でも、気分良く見えるなら、それぞれ目的に応じたメガネに頼るのもオトナ。

 

『頼れる物(者)があるなら頼れば良い』

気負っていた若い頃の自分へのメッセージです。

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの想い 眼に関すること

2018.2.20 アートピクニック

競馬場で買った篠島のわかめを食べながら、ふと『海見たいな~』『島いいな~』

家からアクセスが良いのは、三河湾三島(篠島、日間賀島、佐久島)。

前二島は訪問したことがあるので、佐久島が候補に。

 

佐久島は、馬蹄形の島で、海岸線11.6キロの小島です。

信号機もコンビニもないところが、『島』気分を盛り上げます(お菓子と飲み物を持参)。

高齢化と過疎化の問題に直面、近年アートによる島おこしが行われ『アートの島』としても知られるようになったそうです。

 

『思い立ったが吉日』思考の院長は、天気が良いのを確認し、西尾市一色港へ。

 

一色港から佐久島西港まで渡船で20分。

 

早速、散策に繰り出します。

路地のような細い道をとにかく歩いていけば、海岸にぶつかります。

行って、また戻るの繰り返し。

所々、オブジェがあります。

『おひるねハウス』という作品は、長細い9つの格子の建物。

そこでお昼寝、というコンセプトで、若者は中に入って、写真を撮っていました。

インスタ映えしそうよね~

インスタに縁のない院長は、眺めるだけに。

 

その他にも、防波堤のカモメのオブジェ『カモメの駐車場』など、どれもどれも『ほぉ~。へぇ~。(それ以上のコメントは、低感性では不可)』

 

小中学校はあるものの、高校はありません。

診療所も、開院は週に3日です(気になって覗いてしまった)。

観光客にとっては『ないこと』が新鮮ですが、居住者にとっての深刻な一面を見ました。

 

ダウンジャケットのフードをしっかり被っても、顔は凍えそうに冷たい。

強風に身体ごと飛ばされそうです。

6キロ歩いたところで、島1周することを断念。

名物『大あさり丼』を食べて、帰ることに。

アサリの天ぷらを卵で閉じた甘辛い味付け。

 

帰りは東港から乗船することにしました。

2時間に1本の便なので、乗り遅れると大変です。

土産物屋もないので、待つ間は、海を見ながらお菓子タイム。

 

帰りの船は、強風荒波のアナウンス。

遊園地のアトラクションかと思うくらい、上下左右に大揺れ。

その度に、若い女の子達の黄色い声が『キャー、ヒャー』

院長も、叫びたい気分でしたが、そこは『いい年をしたオトナ』、ぐっと我慢。

 

わずか半日ではありましたが、海とアートを堪能したプチ旅行でした。

『アートに出会う旅』お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事

2018.2.13 カラスの襲撃

都会では、ゴミ出しの場所に、カラスが袋を荒らして、ゴミが散乱している光景をよく見ます。

名古屋市は、可燃ゴミは週2回、プラスチックのリサイクルゴミは週1回、自宅前の収集場所に出します。

どこのお家のゴミかは、一目瞭然。

 

それにしても、ゴミを外部に出すという事態に慣れっこになってしまった自分。

子供の頃、田舎では、『生ゴミは、畑に穴を掘って埋めておくもの』でした。

穴一杯になったら、違うところに穴を掘って…というように。

有機物ばかりなので、良い肥料になったのでしょう。

それ以外の紙や少々のプラスチック類は、畑や敷地内で燃やしていました。

学生の頃も、学校では、焼却炉が校庭の隅にあって、掃除の時間に、学校中のゴミを燃やしていました。

 

名古屋に住んで、田舎との違いに驚きました。

すぐに慣れてしまいましたが。

 

さて、生ゴミは、レジ袋に入れて、更に新聞紙でくるんで、ゴミ袋に入れるのですが、それでも時々カラスの襲撃にやられます。

一時、偽カラスを家人が作って置いたのですが、効果なし。

黄色のネットの被せ方が不完全だと、当然、襲撃に遭います。

しっかり覆っても、ネットに小さな穴を開けて、そこから引っ張り出します。

ゴミが散乱し、『この家は、今週は魚を食べたんだ(魚の骨が散乱)』とか、『コーヒーをよく飲むんだな(コーヒー粉がついたフィルターがいくつも散乱)』とか、個人情報が流出。

 

アパートにあるような金網の箱が理想ですが、個人宅には、大げさすぎるし、どうやって入手するのか…

新しいゴミネットは、黄色で、下方にわっかの重り付きにしました。

今のところ、被害なし。

やれやれ、これで余計な仕事(ゴミ出し後の散乱の後始末)から解放されます。

 

なんて思っていたら、先週の8番ホール(ゴルフ)で。

『すみません、グリーンにいたら、カラスがカートから何かくわえて行ってしまいました』と、キャディーさん。

カートへ戻ると、東京土産の『東京ばな奈・きら星』が跡形もなく、消えています。

個包装のお菓子をレジ袋に入れておいたのに。

新製品だったから、すごく楽しみにしていたのに。

以前もラウンド中に、アルミパウチのゼリー4本全部に穴を開けられています。

カラスは賢い鳥。

イソップ童話でも、瓶の水を飲むのに、思案して、石を入れて水位を上げたお話があるくらいですから。

 

9番ホールは崩れに崩れました。

『カラスの襲撃のせいだ!』と言いたいです。

『私の東京ばな奈を返して~』

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:公センセの日常の出来事
1 / 4512345...102030...最後 »
  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • アーカイブ

先頭に戻る